第一印象でスタートダッシュ!好感度アップな第一印象テクニック

第一印象でスタートダッシュ!好感度アップな第一印象テクニック
AD

第一印象でスタートダッシュ!好感度アップな第一印象テクニック


第一印象UP

第一印象は、その言葉の通り一番初めに相手に抱いてもらうイメージ。実はこの第一印象はかなりくせ者で、いいイメージなら問題ないのですが、悪いイメージを持たれるとその後いい印象に変えるのは相当難しいとされています。では、第一印象をよくするにはどうすればいいのでしょう? 今回は、「確実に好印象を抱いてもらえる第一印象テクニック」をご紹介いたします。

 

■挨拶や名刺交換の後に3秒間の握手をする

初対面の相手と話す時には、たいてい挨拶をしたりビジネスシーンでは名刺交換をしますよね。ここで第一印象をいいものにするには、握手を心がけるようにしましょう。しかも、ただ手を握るだけでなく、できれば3秒間の力強い握手を心がけてみて。スウェーデンの精神科学者アストロムの研究によると、ぐっと力を込めて握手する人は情熱的で信頼できる人だと言う印象を持たれると結論づけました。握手をするだけで相手の信頼を勝ち取ることができるのだとすれば、実践する価値はあるはずです。

 

■普段よりも丁寧にお辞儀をする

第一印象は相手の記憶に強く残るもの。その後の関係を良好にするために必要なのは、ズバリお辞儀のしかたです。心理学者メラビアンは、言葉以外の非言語コミュニケーションが人に与える影響の重要性を説きました。お辞儀に気を遣っている人は意外と少ないため、丁寧なお辞儀を心がけるだけで他の人よりもいい印象を持たれやすくなるでしょう。一般的なお辞儀の角度は15度だとされますが、第一印象における理想的なお辞儀の角度は約30度だとされています。しかし、それよりも角度が深くなると今度は無礼な印象を与えてしまうので気をつけましょう。

 

■会話の終わりを無言の「い」で締める

第一印象をよくするための究極のテクニック、それは何といっても笑顔です。心理学者ハーカーとケルトナーは、笑顔を見せている人は笑顔を見せていない人に比べて魅力的であると結論づけました。自然な笑顔は、好印象を与える上で最大の武器なのです。また、アメリカの心理学者ストロングは、顔写真の印象における考察で、口を開けている人は好感度が高いという結果を導き出しました。もしもあなたが、笑顔をつくるのが苦手だとしたら、会話の終わりを「い」の口の形で締めくくるようにしましょう。そうするだけで、自然で柔らかい笑顔をつくることができ、温かく社交的で人当たりがよいという印象になるはずです。

 

■与えたいイメージに合わせて眼鏡を活用する

心理学においては認知バイアスと呼ばれるものがあり、対象者が持つ目立ちやすい特徴に引っ張られて、その他の評価が歪められて認識される現象のことを指します。そして、これがプラスに作用するケースをポジティブハロー効果と言います。これを活かすことで、あなたの第一印象をあるアイテムを使って、いいものにすることが可能なのです。そのアイテムとは、意外なことに眼鏡なのです。眼鏡はフレームのデザインによって、相手に与える印象を操作できるのです。

黒縁は知的なイメージ、丸眼鏡は親しみやすさを、スクエアは信頼感を、フレームが細い眼鏡は柔らかくて優しげな印象を与えます。視力が悪くなくても、であなたの与えたいイメージによって、これらデザインの伊達眼鏡をチョイスするのもひとつの方法だと言えます。

 

 

人は見た目ではないと一般的には言われるものの、心理学の世界では、出会って数秒でその人の印象の9割が決まるとされます。そのため、第一印象でマイナスイメージを植え付けてしまうと、後から巻き返すのは至難の業。いかに第一印象が大切かわかりますよね。第一印象がより良くなれば、仕事も恋愛ももっと素晴らしいものになるはずです。初対面の相手と会うときには、上記のことを意識してみてはいかがでしょう。(脇田尚揮)

脇田尚揮
認定心理士。Ameba公式No.1占い師として雑誌やTVなどに取り上げられ、現在テレビ東京「なないろ日和」にてレギュラーコーナー担当。また、自身が監修したアプリ 「マル見え心理テスト」はTBS 「王様のブランチ」 などでも紹介され、120万DL。著書『生まれた日はすべてを知っている。』(河出 書房新社)。

 

★モテない女子の特徴はコレ!モテるためにすべきこと&心理学

>>CanCam.jp TOPヘ

関連記事

Source: cancam