お母さん、どうした(笑)母から来た面白すぎるLINE4つ

お母さん、どうした(笑)母から来た面白すぎるLINE4つ
AD

お母さんとLINEをしている人も多いと思いますが、スマホに不慣れな親世代からのLINEは、面白すぎるエピソードがたくさんあります。LINE株式会社が調査した高校生のLINEユーザーの1,171名にお母さんとのコミュニケーション事情をご紹介します。

Q.普段、お母さんとどのようにコミュニケーションをとっていますか?

Q.普段、お母さんとどのようにコミュニケーションをとっていますか?

高校生の LINE ユーザーに、「お母さんとのコミュニケーション事情」について聞いたところ、「普段、お母さんとどのようにコミュニケーションをとっていますか?」という問いでは、「顔を合わせて会話している」(43%)に続き、「LINE メッセージ」(24%)、「電話」(13%)、「LINE の通話/ビデオ通話」(10%)の結果となりました。電話よりも圧倒的にLINEでのやり取りが多いみたいですね!

 

Q.お母さんとどのくらいの頻度でLINEをしていますか?

Q.お母さんとどのくらいの頻度でLINEをしていますか?

 

続いて、「お母さんはスマートフォンを利用していますか」と聞いたところ、回答者 1,171名のうち1,091名が「利用している」と回答。この 1,091名にお母さんとLINE でやり取りする頻度を聞くと、「毎日」やり取りしている方が約半数もいました。

 

Q.あなたの思うお母さんLINEの特徴を教えてください

Q.あなたの思うお母さんLINEの特徴を教えてください

また、「あなたの思うお母さんLINEの特徴を教えてください」と“お母さんのLINEあるある”を聞いたところ、「絵文字やスタンプの使い方が不思議」、「メッセージが長すぎたり、短すぎたり、極端」、「勘をきかせた鋭いLINEを送ってくる」、「デコ文字が不意打ちで混ざる」、「打ち間違いが多い」の順に回答が多い結果となりました。それでは、お母さんから届いたLINEで面白いエピソードをご紹介!

●打ち間違いが面白い【じいさんもってくる】

●打ち間違いが面白い【じいさんもってくる】

「確認するから閉めないで」をどう画面を間違えて押せば「頑張ってじいさんもってくる」という風に変換されるのでしょうか。お母さんの謎LINEにくすっときてしまいます。

●JK 用語を突然使い始める【り、まじ卍】

●JK 用語を突然使い始める【り、まじ卍】

今流行りのJK用語を無理やりにでも使いたい母の心情とは(笑)。使い方も絶妙に間違っていたりするから面白いですよね!

 

●JK 用語の使い方が惜しい【w→M】

●JK 用語の使い方が惜しい【w→M】

「www」を「M」と間違えてしまったパターン。わからなくもないですが、「M」はなんの略なんでしょう。

●誤送信に気づかない【パパ宛を娘に】

●誤送信に気づかない【パパ宛を娘に】

アイコンや名前もきちんと書いてあるはずなのに、なぜかパパへのLINEを間違えて送ってくる母。意外にもラブラブだったりするから可愛いですよね。

みなさんは、お母さんからの面白LINEがきたことはありますか? 言い間違えや、不意打ちのLINE、お母さんの不器用さに笑いつつ、たまには労ってみてはいかがでしょうか。(松本美保)

 

情報提供/LINE株式会社

【あわせて読みたい】

★母よ、笑いをありがとう!母から来た、クスっと笑える母LINE

関連記事

Source: cancam