デニムスカートコーデ18選|ミニ・ロング・フレアの着こなしテクは必見♡

デニムスカートコーデ18選|ミニ・ロング・フレアの着こなしテクは必見♡
AD
目次

目次

今っぽカジュアルが叶う♡デニムスカートの最旬コーデをクローズアップ!

夏のおしゃれに欠かせないデニムスカート。ミニ丈からロング丈まで、夏のデニスカコーデを特集します!

【目次】
夏のデニムスカートコーデ
ロングデニムスカートの夏コーデ
フレアデニムスカートの夏コーデ

夏のデニムスカートコーデ


【1】初夏のトレンド・カラーオフショルダーブラウスを主役に

初夏のトレンド・カラーオフショルダーブラウスが主役のコーデ

初夏の気分に合わせて選んだのは、パキっとしたビタミンオレンジのオフショルーブラウス♡ふんわりとしたシルエットが女性らしく、襟元に入ったギャザーや、袖コンシャスなデザインがしっかりトレンドを押さえているところも魅力的♪肩を出さずに、そのまま着こなしてももちろん可愛い! 1枚でパッと華やかになるアイテムです。さらにコーディネートの洒落見えをアップさせてくれるのは、こちらも今年トレンドのラップ風スカート。 トップスを選ばない万能デニムスカートなら、着回せることも間違いなしです!トップスをインしてスカートのリボンを見せれば、大人可愛いスタイルの完成♡足元は、少し背伸びした上品なヒールで、初夏のワクワク気分を楽しんで。

撮影/中田陽子 スタイリスト/丸林広奈(@hironamarubayashi) ヘア&メイク/菊池かずみ(P-cott/@kikku726) モデル/堀田茜(@akanehotta)ディレクション/石黒千晶 WEB構成/尾身綾子

★【今日のコーデ】初夏のトレンド・ビビッドカラーアイテムが主役の着こなし

【2】後ろ姿にドキッ♡シンプルなコーデにバックシャンでギャップを

後ろ姿にドキッ♡シンプルなコーデにバックシャンでギャップをひとさじ

大胆な肌見せが楽しめるバックシャントップスが今日の主役。レースアップが施された深めのVカットが、カジュアルなデニムスタイルに色っぽさをON。シンメトリーなデニムスカートを色っぽく格上げしてくれます。スカーフをプラスした三つ編みヘアで、後ろ姿をさらにかわいく!ピアスやバングルで小物を盛って、とことんおちゃめに演出して。

撮影/石山貴史 スタイリスト/奥冨思誉里(@shiyoo1225) ヘア&メイク/菊池かずみ(P-cott/@kikku726) モデル/堀田茜(@akanehotta) ディレクション/石黒千晶 WEB構成/齋藤奈々

★【今日のコーデ】後ろ姿にドキッ♡バックシャントップスのコーデ

【3】プチプラでキュートに♡トレンド×ミニスカートの最旬コーデ

プチプラでキュート♡ トレンド・ミニスカートのコーデ

春夏のトレンドアイテム×デニムスカートのコーデは、ひとクセあるデザインでおしゃれに差を。ストリートっぽいアシメトリーな裾デザインが、こなれ感を高めてくれるスカートはデザイン性も抜群!デニムブルー×ミントグリーンの配色も、爽やかな初夏にぴったりです。ワークジャケットを羽織って白を足せば、よりフレッシュで涼しげな印象に。鉄板のTシャツ×デニスカは、王道カジュアルに仕上げるよりも、ちょっぴりスパイシーに着こなすのが気分。厚底サンダルやゴールドの巾着バッグなど、エッジの効いた小物で辛さを添えて★さらに、ジャケットの袖口をブラウジングするなど、着こなしにもひと手間を忘れずに!

撮影/岡本 俊(まきうらオフィス)(@shun_okamoto_) スタイリスト/青山 絵美 ヘア&メイク/MAKI(P-cott) モデル/松村沙友理 ディレクション/新城真紀 WEB構成/尾身綾子

★【今日のコーデ】ミニスカートのコーデ。H&Mで優秀プチプラを発見!

【4】コラボスニーカーがかわいすぎ!大人女子のおでかけコーデ♡

コラボスニーカーがかわいすぎ!大人女子のおでかけコーデ♡

カジュアルスタイルには欠かせないスニーカー。この夏新しく手に入れるなら、シャレ感をまとえるシルバーがオススメ★ 合わせる色を選ばないので、どんな着こなしにもマッチして便利なんです。おしゃれ女子の注目を集めているオニツカタイガーが、最愛ブランドsnidelと夢のコラボを実現! トレンドとカジュアルをMIXさせた、こなれ感をまとえる一足に仕上がっています。そんなインパクトのあるスニーカーには、シンプルな白ブラウスがベスト。Aラインのデニムスカートでしっかり女っぽさもプラスして。こちらのスニーカー、おしゃれな上に履き心地も抜群。ウィンクしたニコちゃんが可愛すぎる、おちゃめなかごバッグにも注目です♡ カジュアルスタイルの日は、やんちゃな小物で遊びを効かせて!

撮影/岡本 俊(まきうらオフィス)(@shun_okamoto_) スタイリスト/青山 絵美 ヘア&メイク/MAKI(P-cott) モデル/堀田茜(@akanehotta) ディレクション/新城真紀 WEB構成/尾身綾子

★【今日のコーデ】スナイデル×オニツカタイガーのコラボスニーカーが主役!

【5】甘めの小花柄ブラウスで、デニムミニをガーリーにドレスアップ

甘めの小花柄ブラウスで、デニムミニをガーリーにドレスアップ

花柄ブラウスの甘さを調節するのに、辛口でかっこいいデニムボトムは適任!中でも、女の子らしさを残したいときには、デニムミニがベストバランス。おしゃれっぽい&女のコらしくカジュアルダウンできるので、男女ウケが狙えます。ヘルシーさと女のコらしさのいいとこ取りができるのは、デニムミニのなせるワザ。小物は、上品なかごバッグを投入すれば「キュン♡」が増量。おしゃれ感のある女子力がさらに向上します!

撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY)スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メ ーク/松田美穂 モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/権藤彩子

【6】最旬ビスチェ×デニムタイトのおしゃれ上級者コーデ

最旬ビスチェ×デニムタイトのおしゃれ上級者コーデ

ストライプのビスチェは、一枚で今っぽさが演出できる”Itアイテム”。濃紺のデニムタイトにあわせて、こなれたカジュアルコーデを完成させて。スカートは、ウエストのスカラップやスリットなど、程甘なディテールが女の子らしい一枚♡ ロングカーデをはおってⅠラインシルエットを強調すれば、スタイルUPも叶います。

撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company/人物)スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/森 ユキオ  モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/ひな、anea cafe 構成/浜田麻衣、石黒千晶

【7】ミント×デニム、ブルー小物でまとめた爽やかカジュアル

ミント×デニム、ブルー小物でまとめた爽やかカジュアル

可憐なミントカラーのコットンブラウスは、ノースリ&短丈のコンパクトなシルエットで女の子っぽさが引き立ちます♡ ボトムは、デニムスカートを合わせて爽やかなカジュアル要素をプラス。小物もブルーでまとめれば、夏らしい清涼感も後押しできます。ガーリーなコーデをnot甘めに取り入れるなら、全体の色味を寒色系にするのが正解!

撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY/P.98~P.107)、須藤敬一(P.108~P.109) スタイリスト/伊藤舞子(P.98~P.107)、田中美穂子(P.108~P.109) ヘア&メーク/神戸春美  モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/田邉沙緒莉 構成/浜田麻衣

【8】クラシカルな白ブラウスは×デニムでカジュアルダウン

クラシカルな白ブラウスは×デニムでカジュアルダウン

パワショル風のシルエットは、おしゃれっぽさをアピールできる最強ディテール。総レースのブラウスでも甘くなりすぎず、程モードな雰囲気が醸し出せます♪ 一枚でサマニなる華ブラウスは、シンプルでコンパクトなデニムミニと相性抜群。インして着れば、即今っぽいコーディネートに仕上がります。

撮影/藤原 宏(Pygmy Company/人物)スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ(P-cott) モデル/堀田 茜(本誌専属)コーディネート/Song Shin-hae(TANO International)、Ja-Kyung Jung 協力/韓国観光公社 構成/又吉樹菜、田中涼子、佐藤彩花、正谷優貴

【9】ニットビスチェに水着を仕込んだ旬顔イベントコーデ♡

ニットビスチェに水着を仕込んだ旬顔イベントコーデ♡

思いきりはじけたいイベントシーンこそ、普段は着られないような派手柄やカラーが楽しめる絶好のチャンス♡ 露出の高いビスチェに水着をレイヤードしたり、トレンドのウエストポーチを投入すれば、スポーティ感がさらに高まり今っぽい着こなしに! インディアンジュエリーでエスニックなアクセントをプラスすると、こなれた印象もUPします。

本誌撮影時スタッフ: 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/楓(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【10】鮮やかオレンジのオフショルで夏オーラ全開に♪

鮮やかオレンジのオフショルで夏オーラ全開に♪

フリルのオフショルトップスには、ラフでこなれたデニムタイトを合わせて、程よくカジュアルダウンするのがオススメ! 中央のスリットがほんのりセクシーな女っぽさを演出します。鮮やかなオレンジとエスニック風のフリンジトートで、コーデをさらに夏らしく盛り上げて。

本誌撮影時スタッフ: 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/まい(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

ロングデニムスカートの夏コーデ


【1】大活躍間違いなし♡デニム素材のフレアスカートが主役のコーデ

夏大活躍間違いなし♡デニム素材のフレアスカートが主役のコーデ

赤ニット×デニムブルーのスカートで、上品な都会派マリンコーデを満喫♪ 麻のかごバッグを合わせれば、夏感もより高まって◎。キャッチーな赤ニットは、ディテールにもこだわりあり。かわいいフレンチスリーブは、肩周りや二の腕をさりげなく華奢に見せてくれる効果もあるのでオススメです。肌は出したいけど、ノースリーブにはちょっと抵抗が…なんて方も、これならスッキリ着こなせそう。ボトムのデニムスカートは、ウエストの大きなリボンが全体のアクセントに。爽やかなデニム素材はトップスを選ばないので、着回しが効くのもポイントです。足元は、ギンガムチェックの旬顔パンプスで、定番のマリンコーデに今っぽさをプラス。歩きやすい低めヒールや、脚をキレイに見せてくれるポインテッドトウなど、魅力がたくさんつまった一足です♡

撮影/岡本 俊(まきうらオフィス)(@shun_okamoto_) スタイリスト/青山 絵美 ヘア&メイク/MAKI(P-cott) モデル/松村沙友理 ディレクション/新城真紀 WEB構成/尾身綾子

★【今日のコーデ】夏に着たい♡デニムフレアスカートの着こなし

【2】フリル×ベリーピンクのブラウスでとことんガーリーに♡

フリル×ベリーピンクのブラウスでとことんガーリーに♡

主役は、ビビッドなベリーピンク×ラッフルスリーブの、フォトジェニックな旬顔ブラウス。着るだけでテンションが上がる一枚を、デニムスカートでちょっぴりレトロにカジュアルダウンするのが今っぽコーデのカギ。ピンクのサンダルを合わせても、締め色効果のある濃いめインディゴを挟むことで、甘さを上手にコントロールできるんです♡

本誌撮影時スタッフ: 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/まい(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

フレアデニムスカートの夏コーデ


【1】シャツ×デニムに映えるイエローバッグを相棒に♡

シャツ×デニムに映えるイエローバッグを相棒に♡

夏にぴったりなビスチェに白シャツをはおって、露出をおさえたコーディネートに。トレンドのビスチェがヘルシーに取り入れられるのも、白シャツ&デニム合わせのいいところ♡ボトムは、カジュアル&楽ちんなデニムスカートでラフに仕上げて。白シャツ×デニムスカートの王道コンビに、大注目ブランド”HAVEFUN”の主役バッグをプラス。遊びをきかせた素材とデザインに定評のあるブランドなので、写真映えはお墨付き。鮮やかなイエローのバッグは、コーデのアクセントにもぴったりです。サングラスも、バッグに合わせてイエローで統一(実はネイルも♡)。さりげない色のリンクは、おしゃれ度を高く見せるおすすめテク♪サンダルは、華奢なアンクルストラップで女性らしい雰囲気に。スタッズで施したエスニック風の柄が、白シャツやデニムともしっくりなじむバックコンシャスなデザインです。

撮影/tAiki スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/菊池かずみ モデル/トラウデン直美  ディレクション/新城真紀

★【今日のコーデ】注目ブランド「HAVEFUN」のカラーバッグが主役

【2】小花柄の肌見せトップスでとことんハジけて

小花柄の肌見せトップスでとことんハジけて

肩もチラリ♡おなかもチラリ♡そんな小花柄のオフショルトップスに、ヴィンテージライクなデニムスカートを合わせたカジュアルコーデ。バランスが重要な肌見せコーデは、オフショルを投入した分、マキシ丈スカートで隠すところは隠す!のが正解です。

撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/EASE、浦田聡美、田中かほ里 構成/手塚明菜

【3】ビビッドな赤T×デニムスカートで大人ガーリーに♡

ビビッドな赤T×デニムスカートで大人ガーリー♡

赤Tシャツにデニムのロングスカートを合わせた、女の子らしいカジュアルスタイル。歩くたびに脚がチラッと見えるデニムスカートで抜け感をプラスすれば、すっきりとしたバランスに。足元は、ボリュームのある厚底サンダルでレトロチックな味付けを♡

撮影/藤原 宏(Pygmy Company/人物)、坂田幸一(静物) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/森 ユキオ モデル/堀田 茜(本誌専属)撮影協力/AWABEES、PROPS NOW、田中かほ里 構成/浜田麻衣

【4】体にフィットする細リブが、女っぽさをより引き立てる!

体にフィットする細リブが、女っぽさをより引き立てる!

撮影中も「鎖骨周りがキレイに見える!」と好評だったリブニットは、クリーンで女らしいミント色が好印象。絶妙なボートネックは、着方によって肌見せ具合を調節できるのでオフィスでも気兼ねなく着られそう♪ ボトムにタイトなデニムスカートを合わせれば、女性らしいIラインがさらに際立ちます。

本誌撮影時スタッフ: 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/堀田茜(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【5】トレンドのスポサンは、さりげない肌見せコーデで女っぽく♡

トレンドのスポサンは、さりげない肌見せコーデで女っぽく♡

トレンドのスポーツサンダルは、すべてをスポーティにまとめず、あえて女らしいアイテムや、肌見せ感のあるコーデに合わせると抜群のバランスに。どカジュアルでなく女らしくてこなれた着こなしを目指すなら、両サイドにスリットの入ったデニムスカートや、透け感のあるレースブラウスで、ほんのり色気をプラスするのが正解です。

本誌撮影時スタッフ: 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/久松郁実(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【6】レースブラウス×デニムスカートの絶妙な肌見せスタイル

レースブラウス×デニムスカートの絶妙な肌見せスタイル

キャミを合わせがちなレーストップスの下に、同色のビキニをレイヤード。水着を使った着回しは、普段使いのトップスやワンピを新鮮に見せるおしゃれテク。ここで、あえてロング丈のデニムスカートを合わせることで、やりすぎ感のない絶妙な肌見せ感をキープ♡ 小物にヘアバンドやひとくせバッグをプラスすれば、オシャレ度も倍増するのでオススメです。

本誌撮影時スタッフ: 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/堀田茜(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

関連記事

Source: cancam