赤みをカバー! グリーンのコントロールカラーのおすすめ8選

赤みをカバー! グリーンのコントロールカラーのおすすめ8選
AD

ファンデーションの前に使うことで、隙のない美肌を作ることができるコントロールカラー。そんなコントロールカラーを使ったことはありますか? ピンクやオレンジ、パープルなどの色がついており、その色の効果によってさまざまな肌悩みをカバーしてくれるベースメイクアイテムです。その中でも、特にグリーンは、「肌の赤み」をカバーするのが得意なカラー。赤みが気になっているという人は、ぜひ取り入れてみてくださいね。

■グリーンのコントロールカラーの特徴

コントロールカラーとは、一般的にファンデーションの前に使用することで、くすみやくまなどの肌悩みを補正できるベースメイクです。それぞれの色によって、異なる効果が期待できます。グリーンのコントロールカラーは、赤ら顔やニキビ跡など、肌の赤みをカバーするのに適したカラーです。

ほんのりと淡いパステルグリーンのような色味がついたもので、肌自体が緑色に見えることはありませんので、安心して使用してくださいね。

◇コントロールカラーの決め方

では、なぜ肌の赤みをカバーするのに、グリーンがいいのでしょうか。コントロールカラーを選ぶ際に、少し頭に入れておきたいのが、色の「補色の関係」です。補色の関係というのは、お互いの色味を消しあう関係にある2色を指します。肌色の悩みが「赤」の場合、その色味を打ち消してくれるグリーンを重ねることで、目立ちにくくなるという訳です。

グリーン以外にも、血色感を与えるピンク、くまを目立たなくさせるオレンジ、透明感を与えるブルーやパープルなどもあります。自分の肌悩みに適したものを選ぶと、ナチュラルに美肌に見せることができますよ。

◇グリーンのコントロールカラーが合う人

グリーンは、ニキビ跡をはじめ、頬が赤く火照ったようになる赤ら顔、小鼻の周りなどによくみられる炎症による赤みなどをカバーするのに適しています。

コンシーラーやファンデーションを塗り重ねてカバーするよりも、厚塗りにならず、自然に仕上がるというメリットもあります。ただし、グリーンを顔全体に使うと、グレーがかった、くすんだような肌に見えてしまうこともありますので、気になる部分のみの使用がオススメです。

■グリーンのコントロールカラーの使い方

ではここから、実際にこのグリーンのコントロールカラーを上手にベースメイクに取り入れるコツをお伝えしますね。

◇化粧下地とコントロールカラーのちがい

使い方の前にまず、化粧下地とコントロールカラーはどうちがうのかを紹介します。基本的にはどちらもファンデーションの前に使用するものですが、それぞれに特徴があります。

☆化粧下地

肌の凸凹感を目立たなくする、外的刺激から肌を守る、ファンデーションの密着力を高める、化粧崩れを防ぐなどの役割を果たします。

☆コントロールカラー

主に肌の色悩みを補正するもので、赤みやくすみ、くまをカバーしたり、血色感や透明感を与える効果が期待できるもの。中には、同時に化粧下地の役割を果たしてくれるものもあります。まとめて1本で使いたいという人は、そのようなタイプもオススメです。

◇コントロールカラーの使い方の手順

1.化粧水、乳液などで肌のベースを整えます。

2.パール1つ分ほどの化粧下地を、額、両頬、鼻、顎と置いていき顔全体に塗り広げます。

3.赤みの気になる部分のみに、グリーンのコントロールカラーを少量置き、指もしくはスポンジなどでなじませます。少しずつ色味を調節し、まわりとの境目をぼかすように重ねるとキレイな仕上がりに。

4.リキッドファンデーションもしくは、パウダリーファンデーションを塗ります。

5.リキッドファンデーションの場合は、最後にフェイスパウダーをふんわりとのせます。

いつものベースメイクの手順に1つプラスするだけで、ナチュラルに赤みをカバーすることができますよ。化粧下地と一緒になっているタイプの場合は、顔全体に薄く伸ばしたあと、赤みの気になる部分には重ねづけをしましょう。

■オススメ! 人気のグリーンのコントロールカラー8選

最後に、オススメのグリーンのコントロールカラーをご紹介します。それぞれに特徴がありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

◇1.【ちふれ】カラーメーキャップクリーム(グリーン)/ 450円(税抜)

450円というプチプラなので、コントロールカラーを試してみたいという人にもオススメ!カバー力は少し低めですが、赤みはしっかり消してくれます。

◇2.【ケイト】シークレットスキンCCベースゼロ(EX-2)/1000円(税抜)

ドラッグストアで買えるプチプラコスメでありながらも、ファンデーションとともに高い評価を得ているシークレットスキンCCベースゼロ。1本で毛穴もカバーできると好評! ビューティアップパール配合。赤みを抑え、透明感のある肌に仕上げるライトグリーンです。

◇3.【SUGAO】シルク感カラーベース(グリーン)/1200円(税抜)

厚塗り感が出ず、ナチュラルな仕上がりが人気のカラーベース。光をさまざまな方向に反射させるソフトフォーカスパウダーを配合し、毛穴もふんわりぼかして均一な肌へ導きます。皮脂吸着パウダー配合で塗った瞬間から、シルクのようなさらさら質感に。

◇4.【ファンケル】カラーコントロールベース/1353円(税抜)

赤み補正力抜群のファンケルのコントロールベース。シミやくすみも目立ちにくくなると大人気! 独自開発の美肌ヴェールを配合し、肌のうるおいを均一にして、内側から輝くようなツヤを与えます。

◇5.【ジルスチュアート】ラスティングトーンアップベース(03 fresh)/3000円(税抜)

みずみずしい乳液のようなテクスチャーで、気になる赤みを抑えてふんわりと肌をカバーする人気のコントロールカラー。毛穴も、色ムラも見えない明るい肌に。肌なじみがよく、薄膜で透明感がありながら、カバー力のある仕上がり。クリスタルフローラルブーケの香り。

◇6.【RMK】ベーシックコントロールカラーN(03)/3500円(税抜)

ナチュラルな補正力に加え、伸びの良さや保湿力も抜群のコントロールカラー。半透明のジェルがとろけるように密着しピュアな肌に仕上げます。保湿効果の高いスキンケア成分も配合し、肌のみずみずしさをキープ。

◇7.【江原道】マイファンスィー メイクアップ カラーベース(グリーン)/4000円(税抜)

肌が自然にキレイに見せられると評判のカラーベース。滑らかに伸びて肌の上に極薄の透過フィルターを作り出します。ふっくらと滑らかな肌に整え、ファンデーションのフィット感もUP! 乾燥から肌を守るスキンケア成分配合。

◇8.【エレガンス】モデリングカラーベースEX UV (GR440クール)/4500円(税抜)

赤み補正力、ツヤ感、伸び、軽いつけ心地、崩れにくさ、とベースメイクの悩みをすべて叶えてくれる優秀コントロールカラー。肌の色ムラをリセットするかのようにカバーしながら発色をサポート。皮脂や汗に影響を受けない極めて薄い化粧膜が、ピタッと肌にフィットします。負担感のない軽いつけ心地で、美しい仕上がりが持続。フローラルムスキーの香り。

■肌の赤みはグリーンのコントロールカラーでナチュラルにカバー!

肌色が均一で、ムラのないつるんとした質感は美肌に必須! そんな肌へと補正してくれるのがコントロールカラーです。その中でも、特に赤みが気になっているという人は、ファンデーションやコンシーラーを何度も重ねる前に、一度グリーンのコントロールカラーを試してみてください。ナチュラルにカバーしてくれるので、きっと理想の肌に近づけますよ。

(上田麻里)

※画像はイメージです

Source: マイナビウーマン