こじらせ女子の特徴とは? 2つの脱却方法

こじらせ女子の特徴とは? 2つの脱却方法
AD

「こじらせ女子」とは、「自分が女である」ことを素直に認められず、自意識や自己評価をこじらせた女性のことです。具体的には、下記のような特徴があります。

・世間がいう「かわいい女」像に自分を当てはめられない
・世間がいう女性像に当てはまらない自分に劣等感を覚える
・女としての自分を肯定できず、自信がない
・自分が女らしくないことについて、言い訳をして自信をつけようとする
・「女らしいもの・人」が苦手で、避けたり拒否したり見下したりする

「こじらせ女子」という言葉は、ライター・雨宮まみさんの著書『女子をこじらせて』(2011年)で有名になりました。雨宮さんは以前のインタビューで、こじらせ女子のことを「世間がいう『女のコって可愛いよね』の中に自分を当てはめられない女子」と語っています。

■現代におけるこじらせ女子は「面倒くさい女」

雨宮さんが提唱した時点では「世間がいう女子像と自分にギャップがある女性」という意味合いがあるだけでしたので、当てはまる人が大勢いたでしょう。

しかし、「こじらせ女子」という言葉がはやると、ここに「面倒くさい女」という意味が加わってきます。

なぜ「面倒くさい」が加わったのかといえば、「世間がいう女像に自分を当てはめられない」女性のうち「自分を女として素直に認められず、劣等感とコンプレックスがある状態」の女性にフォーカスが当たったから。かつ「こじらせる」という単語のニュアンスが、こちらの意味にマッチしやすかったから。

「こじらせる」という単語は「物事を複雑化させて解決しにくくする」「病気が治りにくくなる」という意味です。「女をこじらせる」とは、「女としての自分に劣等感があり、その劣等感が複雑化して解決しにくい」状態を想起させます。

また、劣等感とコンプレックスがある女性の中には、自分で自分を認めたいために、「私は女っぽくないけど、わざとだから」「どうせ私はなにをしても無駄」と「言い訳」をしたり、「女っぽい女」を避けたり拒否したりする人がいます。こうした女性たちにフォーカスが当たった結果、「世間が言う女性像に自分をあてはめられない女」「女性である自分を認められない女」というオリジナルのニュートラルな意味から、「女性っぽくない自分にコンプレックスと劣等感があって、自己肯定感が低い女」「言い訳をしたり、女性らしい女性を拒否したり見下したりして、自己保身する女」というネガティブな意味合いに変わっていったといえます。

たとえば、筆者のような「論理的に物事を話し、イヤなものはイヤといい、男尊女卑アレルギーがある女」は、世の中の「世間がいうかわいい女子」像を粉塵爆発させる存在ですから、雨宮さんが提唱する「こじらせ女子」です。しかし、周囲からは「こじらせてないよね」と評価されています。なぜならマイノリティな女である自分を肯定していて、世間に合わせようとあまり思っていないから。このことからも、世の中の人が考えている「こじらせ女子」は「女である自分を自己肯定できていない女」という意味合いが強くなっていると思われます。

◇こじらせ女子の特徴まとめ

▼雨宮さん提唱

・世間がいう「かわいい女」像に自分を当てはめられない

▼雨宮さん提唱からの派生

・世間がいう女性像に当てはまらない自分に劣等感を覚える
・女としての自分を肯定できず、自信がない

▼ネガティブなニュアンスへの派生

・自分が女らしくないことについて、言い訳をして自己正当化する
・「女らしいもの・人」が苦手で、避けたり拒否したり見下したりする

■こじらせ女子になる原因

こじらせ女子になってしまう理由は、前述のとおり「女である自分を素直に受けいれられない」からです。この状態になるには、いくつかの原因があります。

◇容姿の劣等感が強い、容姿でトラウマ経験がある

「かわいい女子」に自分を当てはめられない理由として、容姿は大きな影響を与えます。特に中高時代は、残酷なほどに容姿によって人気の差異が出ます。共学に通っていて、男子学生から見た目をバカにされたり、いじめられたり、あからさまにかわいい子と扱いがちがったりすると、「かわいくない自分には価値がない」「見た目のせいで女なのに女扱いされない」と、10代で重いトラウマを抱えることになります。女子高出身者はこのような「容姿による明確な差別」が共学ほどないため、10代でのトラウマにはなりにくいですが、大学でルッキズム差別にさらされる可能性があります。

◇「女とはこうあるべき」像を周囲から押しつけられて見下される

「ふるまい」について「女はこうあるべき」像を押しつけられると、うまくその「べき」像に当てはまらない自分とのギャップに苦しむことになります。「女はこうあるべき像」とは、「男性を常に褒め、後ろに下がるおしとやかな女」「口答えしない女」「いやなことを言われても明るく笑って受け流す女」「自立よりも男性にうまく依存できる女」といった、ジュラ紀に滅びたはずの「いい女」像などが代表的です。両親や親族一同からこうした「女はこうあるべき」を押しつけられ、「お前は本当に女として失格だ」「そんな態度では結婚できない」などと罵られることにより、「自分は女っぽくないから見下される存在だ」と自己肯定感をめきめき下げることになります。

◇「女とはこうあるべき」と自分で思い込んでいる

周囲から押しつけられる「女はこうあるべき像」のほか、自分で「女はこうあるべき」と思い込んで、自分で自分を縛っている場合もあります。憧れの女性や身近な女性らしい女性を理想として追い求めるも、「自分は違う……」と落ち込むことなどが挙げられます。実際は、周囲からの押しつけと自分の理想の両方によって「理想の女像」を固定している場合が多いです。

◇「自分は自分」と割り切れず、他者と比較する

たとえ周囲がいう「女性らしい女性像」と違っても、「私は私!」と割り切って自己肯定できていればこじらせません。こじらせ女子がこじらせるのは、自分を絶対評価で肯定できず、どうにかして「他者と比べて自分を認めたい」という相対評価にとらわれているためです。自分と他人を比べたら「自分は女として劣っている」と思ってしまうので、「自分は一般女子より個性的だから大丈夫」など、「女性らしい女性」と比べて優れたところを見つけて、自信を得ようとします。

◇同じ境遇や同じ考えを持つ人がまわりにいず、孤立している

たとえマイノリティでも、周囲に仲間や理解者がいれば「私は私のままで大丈夫」と思えるものです。しかし、周囲に自分を理解してくれる人がいないと、「周囲が正しくて自分は間違っている」「だから修正しなきゃ」「でも無理」とひとりで抱え込んで進退窮まり、自己肯定感が上がりません。

以上の理由により「自分は女なのに女らしくない」「理想と自分は違いすぎる」「自分はだめだ」と自己肯定感を下げていきます。

■気づいてないだけ? タイプ別こじらせ女子の特徴

こじらせ女子の中でも、代表的なタイプは下記のようなものがあります。

◇「私はブス」タイプ

ルッキズム差別により傷つき、「自分はブスだから何をやってもだめ」と、容姿へのコンプレックスが強いタイプです。コンプレックスがあっても、努力により自己肯定感を高めるなら問題はありませんが、「私はブス型」こじらせ女子は「ブスである」ことを言い訳として使い、メイクやダイエットといった「努力」を「でもブスは何をやってもブスだから」という理由で拒絶しがちです。

◇自虐キャラタイプ

「私はブス」タイプと似ていますが、ルックスだけではなく年齢やポジションまでを使い、幅広く自虐するタイプです。「ほら私お笑い枠で採用されたから~」「オバサンだから~」「実質男だから~」など、自分のコンプレックスをネタとして話しまくります。自分が周囲から「痛い女」と見られることを恐れるため、「こうやってネタにできてる自分は、自分の女としてのダメさをよくわかってるんですよ」「だからそこまで痛くないんですよ」というアピールをしがち。わざとコンプレックスを口にします。本人はネタとしてみんなが笑ってくれていると思い込んでいますが、周囲はコンプレックスを刺激しないよう、気を遣って「そんなことないよー」とフォローをすることになります。

参考記事:年齢自虐&喪女ネタをぶっこむ「自虐する女」 

◇「私は個性派」タイプ

「自分は女としてマイノリティだ」と自覚した結果、ファッションや発言などで「個性」をアピールしようとするタイプです。オールブラックなモードファッション、パッツン髪型といった、いわゆる「男ウケしないファッション」を好み、趣味もマイナーなサブカルを選びます。特徴的な話し方や語尾をつけて「キャラ立ち」させる、中二病をこじらせた進化系もたまにいます。「マジョリティの仲間になれない自分」を、「マジョリティの仲間になりたがらない個性あふれる自分」として認識しなおすために、ファッションやカルチャーを使うのが特徴。実際はあまり似合ってなかったり、本当はそこまで好きじゃなかったりすることもあります。個性派タイプのこじらせ女子は、王道やメジャーな趣味を好む女子を「そういうつまんないの好きになれない」と距離を置きがちです。

◇モテ女子嫌いタイプ

「女性らしい女性」「かわいい女子」「モテる女子」を敵視して悪口を言うタイプです。「女子らしい女子は男にモテる、なぜなら男に媚びているから」という世界観のもと、「ああいう男に媚びた格好、なんでできるんだろうね」「頭悪そうに見えるよね」「自分の意見とかこだわりとか、何もなさそう」と、モテ女子を見下します。本当は自分もその中に入りたいのに入れないから、「かわいい女子」を貶める方向に向かいます。このタイプが「こじらせ女子」に入るかどうかは議論がありますが、「こじれている」という言葉の意味にマッチするという理由で「こじらせ女子」だと認識している人もいます。

■「変わってる」「面倒くさい」周囲はこじらせ女子をこう見ている!

一般的に、こじらせていない周囲の人は「こじらせ女子」について「変わってる」「個性的」というニュートラルな印象を抱くか、あるいは「面倒くさい」「付き合いたくない」というネガティブな印象を抱きます。「こじらせてる!かわいい!」とポジティブな印象を抱く人もいるにはいますが、少数派です。

彼女たちが狙っている「女としてのマイノリティ」というイメージをそのまま受け取り、「女っぽくない」と思う人もいれば、「別に普通に女子だと思うし、別にそこまで気にする必要ないと思うけど」と思う人もいます。相対する人の「女性へのイメージ」がどうあるかによってイメージはちがいます。

ただ、攻撃的・ネガティブな言動が多いこじらせ女子は敬遠されます。こじらせてようがなかろうが、攻撃的でネガティブな人を好む人はあまりいません。

■こじらせ女子から脱出する2つの方法

こじらせる女子は、「理想像=かわいらしい女性、世間的に認められる女性」と「現実=理想像からずれている自分」とのギャップに苦しんでいます。「現実の自分」を貶めて自虐するのも、「理想像=女性らしい女性」を見下して「そんなものは自分にはいらない」と蔑むのも、ギャップを埋めようとする行動です。しかし、こじらせ女子が実際にやっているのは「ギャップをごまかす方法」にすぎません。このままでは、いつまでもギャップが埋まらず、こじらせ続けることになります。

根本的な解決策は「理想と現実の一致」「ギャップを小さくする、あるいはなくす」ことです。具体的な方法は2つ。

◇「理想=女らしい女像」を修正する

まず取りかかるべきは、「女性らしい女性」像を修正することです。そもそもこじらせ女子が考えている「女性らしい女性」は古いジェンダー規範にのっとっていることが少なくありません。「女は男を立てるべき」「意見を言う女はかわいくない」などなど、紀元前じみたものが多々あります。一方で、21世紀の今、こうした古いジェンダー規範はまだ根強く残るものの、多様な生き方を認め合う方向へ進んでいます。ダイバーシティの流れにのっとって、自分を苦しめている「女らしい女」像を修正することで、「今の自分はじゅうぶんに女性らしいし、自虐する必要も見下される必要もない」と思えるようになれば、理想と現実のギャップは埋まります。

そのためには、下記のことが必要です。

1-A:窮屈な「女像」を押しつける人・情報を遮断する
1-B:自分と似ているが「女」としての自分を認めている人を探して交流する、本やインタビューを読む
1-C:現在の自分を「女性」として認めてくれる人と交流する

思い込みを外すためには、「害をなす人・情報の遮断」「自分と近い人との交流」を同時にセットで行う必要があります。男尊女卑の会社に勤めていてつらいなら転職しましょう。親が価値観を押しつけてくるなら家を出ましょう。他人は基本的に変わりませんので、それを変える努力は無駄に終わる、と割り切りましょう。自分を苦しめる人や環境から物理的距離をとれば、驚くほど精神が安定します。物理遮断は最強の手段のひとつです。一方で、自分を認めてくれる存在も同じぐらい重要です。「自分を認めてほしい」という願いがあるがゆえにこじらせたのですから、自分をちゃんと認めてくれる人がいれば、こじらせはゆっくりと抜けていきます。

◇「現実=女らしくない自分」を修正する

「理想を修正する」をある程度やりはじめたら、次に取りかかりたいのが「努力して現実の自分を改善し、自信をつける」ことです。自分に満足していないから自信がなく、現状維持で自信がないまま自己肯定をしようとするから、こじらせます。理想に近づくように努力して結果を出せば、自信はついていきます。特にルックスや体型、キャリアなど「自分だけで努力して成果が出るカテゴリ」については、この方法が有効です。

ダイエットする、メイクを覚える、自分に似合う服を着る、など、情報と金と筋肉で解決できるところは、とっととやりましょう。

ここでまちがえてほしくないのが「モテ女子の服を着る」などの「一般ウケしそうなものだけど自分には合ってないものをやってみる」ことです。キャラじゃないモテ服を着て似合わず「やっぱり自分は女らしくないんだ……」と落ち込むこじらせ女子は非常に多いです。しかし、これは「似合わないものを着ている」だけであり、「女らしさ」とは関係がありません。「モテ服を着る女子のみが女性らしい」という思い込みを捨て、「モテ服は似合わないけれど女らしい人はいる」と発想を切り替えていく必要があります。

この「現実を修正する」だけを先に試して撃沈するこじらせ女子が多いですが、やるべきは「理想の修正」からです。こちらを先にやらないと、自己肯定感がさらに下がるだけになります。

■思い込みを捨て、多様な女性像を知ることが解決のカギになる

こじらせ女子の多くは、周囲からの呪いじみた「女はこうあるべき」論に縛られている人が多いです。「周囲が言うことは正しく、自分は間違っている。でも苦しい」という痛みが、「こじらせ」という形になって表れます。

もし「自分はこじらせ女子かもしれない、苦しい」と感じているなら、自分を苦しめる「女らしさ」を知り、それ以外の「女らしい女性」を知ることが解決の道につながります。周囲にこじらせ女子がいるなら、彼女たちを縛る呪いについて知ることが、相互理解の一歩。どちらの立場にしても「多様性のある価値観と環境」がカギを握ります。

こじらせ脱出には時間がかかりますが、情報と金と筋肉によって、ある程度の緩和はすぐにできます。まず情報と金と筋肉に頼り、理想と現実のギャップを縮め、自分らしくいられる環境や人との出会いを探しに行けばよいでしょう。

(ぱぷりこ)

※画像はイメージです

Source: マイナビウーマン