1カ月でどれだけ伸びる? 髪の伸びる速さは

1カ月でどれだけ伸びる? 髪の伸びる速さは
AD

皆さんは「ヘアカットしたばかりなのにもう髪が長くなった」と感じたことはありませんか? 実際には、髪の毛はどのくらいの速さで伸びるものなのでしょうか。今回は、「髪の伸びる速さ」や「より早く伸ばす方法」など、「髪の毛の成長」について毛髪診断士の齊藤あきさんに聞いてみました。

■専門家が教える! 髪の伸びる早さについて

一週間、1カ月、1年の期間で見た場合、髪はどのくらい伸びるのでしょうか? また年齢で伸びる速さが変わるものなのかも気になるところ。詳しく教えてもらいましょう。

◇一週間、1カ月、1年でどのくらい!? 髪の毛の伸びる速さ

髪の毛は1日で0.3~0.4mmほど伸びているといわれます。平均で考えると1週間で約2.5mm、1カ月で約1cm、1年で約12cmほどになります。

上記は1本当たりの計算ですが、髪の毛すべての1日に伸びる長さを合計すると、なんと27m。髪の毛は全体で約10万本生えており、その9割が成長期の髪(実際に成長している髪の毛)です。ですので、1日に0.3mmだとすると、

・0.3mm×10万本×0.9=27m

といった計算になります。髪の毛はそれだけ新陳代謝が活発な部分なのです。

◇髪が伸びる速さは男女でちがう!? 年齢の関係性は?

髪の毛の周期(毛周期:髪が生えて抜け落ちるまでのサイクル)は男性が3~4年、女性が5~6年といわれており、男性よりも女性のほうが髪が伸びる期間が長くなっています。これには女性ホルモンが関係しています。女性ホルモンのエストロゲンは髪の成長を促進するホルモンでもあるので、エストロゲンが多く分泌される女性のほうが髪の成長期が長くなります。

また、男女ともに加齢によって髪の伸びる速度が遅くなります。肌であれば年齢とともにターンオーバー(肌の生まれ変わり)が遅くなりますが、髪も肌の一部ですので、同様に代謝が低下します。代謝機能が低下することで血流も悪くなり、髪に栄養が届きにくくなって成長が遅くなってしまうのです。女性の場合は、閉経などによる、髪の成長を促す女性ホルモン分泌量の低下も大きく関係します。

■髪の寿命と早く伸ばす方法

もし髪の毛を短く切りすぎた場合、「早く伸びてほしい!」と思ってしまいますよね。では、早く伸ばす方法はあるのでしょうか? 同じく齊藤さんに聞いてみました。

◇髪の毛を早く伸ばすことはできるの?

上記でもお話ししましたが、髪には肌のターンオーバーと同じように、「毛周期」という髪が生えてから抜け落ちるまでの期間があります。毛周期は約2~6年の成長期(髪が成長している期間)、2~3週間の退行期(髪の成長が止まる期間)、約2~3カ月の休止期(髪が抜け落ちて休んでいる期間)で構成されています。

この毛周期がきちんと整っていれば、髪の成長が促進され成長期も長くなります。しかし加齢や、ホルモンバンスの乱れ、食事や生活習慣の乱れなどによって毛周期が乱れると、髪の成長速度が遅くなり、休んでいる期間(休止期)が長くなります。髪の毛を早く伸ばすには、まずは毛周期をきちんと整えることが大切なのです。そのためにも、以下の点に注意しましょう。

☆(1)髪の栄養源は血液! 血行を促進しましょう

髪の栄養源は血液です。毛根にある毛母細胞が、血液から栄養や酸素を受け取ることで髪は作られます。しかし血流が悪いと、毛母細胞に栄養が届かず、髪の成長速度が遅くなります。特に現代人はパソコンやスマホの影響で姿勢が悪くなり、呼吸が浅く血流も悪い人がとても多くいます。体を動かしたり温めたりして血流を促し、深呼吸で酸素を身体の隅々まで届けることが大切です。頭皮も硬くなりやすいので、頭皮マッサージも行うようにしましょう。

☆(2)睡眠をしっかり取りましょう

髪は、体が休んでいる睡眠時間に成長が促進されます。日中は体を動かすために内臓に血液を多く送っているので、髪の毛は二の次になります。しかし、夜に睡眠をしっかり取ることで成長ホルモンが多く分泌され、髪の成長も促進されるのです。ですから、質のよい睡眠は大切です。睡眠前に、お風呂でゆっくり温まったり、軽くストレッチをしたりすると、睡眠の質も高まり髪にもよい影響を与えます。

☆(3)ストレスをためないようにしましょう

ストレスを受けることで自律神経が乱れ、血流が悪くなったり、ホルモンバランスが乱れます。これが髪の成長に悪影響を与えてしまい、毛周期が乱れやすくなります。ストレスを受けると抜け毛が増えやすいといわれるのもこのためです。オンとオフの切り替えができてない人も多いので、夜など仕事をしていない時間に少しでも自分の時間を作ったり、リラックスする時間を作りましょう。趣味や運動もストレス解消になるのでオススメです。

☆(4)偏らない食事など栄養バランスを整えましょう

私たちが普段口にしているものが血となり、その血から髪が作られています。ですから、偏った食事やダイエットなどは栄養不足を招き、髪がきちんと育たなくなります。良質なたんぱく質を中心に、ビタミンやミネラルなどをバランスよく取りましょう。特に女性はミネラルが不足しがちです。海藻類を毎日取るようにしましょう。また、腸内環境が悪いとどんなに栄養を取っても吸収されませんので、腸内環境を整える発酵食品も取るようにするといいですね。

◇髪の毛にも寿命がある?

寿命を迎える髪は毛根が徐々に小さくなり、抜ける準備をします。それと同時に、毛根では2~3カ月かけて次に生える髪の準備をしていますので、寿命を終えて抜け落ちたあともまた新しい髪が生えてきます。しかし、毛根にきちんと栄養が届いていないと次に生える髪の準備ができないため、生え方が遅くなったり、最悪生えない場合もあります。

■髪が生えるプロセスを知っておこう

正常な髪の毛は、1日で0.3~0.4mm、1カ月で約1cm伸びるとのこと。こうした髪の毛が伸びる速さを知っておけば、「前にヘアカットして2カ月だから2cmくらい伸びてきたな」と具体的にわかりますね。ヘアサロンに行くタイミングを計るいい目安になるかもしれません。また、最近は薄毛に悩む女性も増えているそうなのです。この機会に髪の毛が生えるプロセスをしっかり覚えて、薄毛にならないような正しいヘアケアを日頃から行っておくといいですね。

(文:齊藤あき、構成:中田ボンベ/dcp)

※画像はイメージです

Source: マイナビウーマン