若者の結婚離れが深刻に? これからの結婚のあり方とは

若者の結婚離れが深刻に? これからの結婚のあり方とは
AD

こんにちは。「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこです。最近、若い人たちの結婚離れが深刻化していると言われます。どうしてそんな風に言われるようになったのでしょうか? 実情と原因を紐解いていこうと思います。

■結婚離れが深刻化!?

まずは、実情から見ていきましょう。5年ごとに行われる国勢調査では、年齢別の結婚率を発表しています。その中で20代後半~30代前半の結婚率の変遷を取り上げてみましょう。

◇結婚離れは本当に深刻化しているの?

2015年の国勢調査によると、25~29歳の男性では、およそ3人に2人(72.7%)が未婚、女性は6割(61.3%)が未婚でした。30~34歳では、男性はおよそ半数(47.1%)が、女性は3人に1 人(34.6%)が未婚でした。30年前にさかのぼって1985年のデータと比べてみると、25~29歳の男性では60.6%が未婚、女性では30.6%が未婚(つまり女性の7割が20代で結婚)で、30~34歳となると、男性の未婚は28.2%、女性は10.4%でした。つまり30年前までは30代半ばまでに結婚する人が、男性では全体の7割、女性では9割だったのです。

<出典>http://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/data/mikonritsu.html

◇結婚離れの主な原因とは?

では、なぜ結婚しない人たちが増えたのでしょうか? 結婚率の低下は、最初、「晩婚化が進む中での現象」としてとらえられていました。つまり、結婚するのが遅くなっただけという認識です。実際、平均初婚年齢は2015年時点では、夫が31.1歳 妻が29.4歳でした(厚労省「人口動態統計」より)。30年前と比べると、夫は3歳、妻は4歳上がっており、晩婚化が進んでいます。しかし、その後年齢を重ねて「そろそろ結婚したい」と思ったときにスムーズに結婚できるかというと、実際には難しく、「結婚するには積極的に活動しなければ」との意見から、『婚活』という言葉も生まれました。そうして今や、35歳以上の未婚率も上がり、一生結婚しない男女が増えているのではないかと予測されるようになりました。

◇若者の結婚離れが進んだ背景

そもそも晩婚化、すなわち「若者の結婚離れ」はどうして進んだのでしょうか? ひとつには、女性の社会進出が進み、いわゆる結婚適齢期という概念が変化したことが挙げられます。80年代までの女性は、「クリスマスケーキ」に例えられたことがあるように、24歳までに結婚するのが一般的とされる風潮がありました。けれどその後、4年制大学に進学したり、仕事を持つ女性が増えた結果、結婚を意識し始める年齢は後ろ倒しになっていきました。それと同時に、出産年齢に関する状況や意識も変わり、「少しぐらい遅くなっても」と考える男女が増えたことも若者の結婚が減った理由でしょう。

さらに、この10年ほどは、長引く不況から経済的な不安定さを感じる男女が増えており、取材する男性からは、「一人前になるまでは結婚できない」「収入が安定するまでは」という声を多く聞かされるようになりました。一方、女性の側からは、「出産時に収入が得られなくなることを考えると、今の自分の倍の収入がある男性が望ましい」という声が挙がっており、そのミスマッチも結婚離れを進めている要因のひとつと考えられるかもしれません。

◇働き方の変化も要因

また、「そもそもの出会いがない」という男女がとても多いです。働き方が以前と変わり、終身雇用時代のように同じ職場にずっといることで作られる「人間関係」が持ちづらくなったのも理由のひとつかもしれません。つまり、「身近にある人間関係から結婚に至る関係を作りづらくなっている」のがひとつと、職場で「おせっかいな既婚者」との関係ができづらくなったことが原因です。自力で結婚相手を探さない場合の「他力」が身近になくなった……という事態です。日本では、お見合いという形式があるように、少し前までは「他力」で結婚していた人が多数でした。また職場や親せきからの圧力のようなものもあり、「何歳までに結婚しなければ」という意識や、実際の紹介が結婚を後押しした面もあったでしょう。それらが近年失われたことも、結婚離れが進む一因となったのではないでしょうか。

■結婚する必要性は? 今後の結婚との向き合い方とは

とはいえ、「そもそも結婚をする必要があるのか?」と感じる人もいるでしょう。そこで、結婚することのメリットやデメリットが一般にどうとらえられているかを見ていきましょう。

◇結婚のメリット

多くの既婚・未婚男女を取材してきた印象で言うと、結婚するメリットは、以下の3つだと考える人が多いようです。

☆自分の家族ができる

「子どもがほしいので結婚したほうがいいのかなあと思う」(36歳・男性)と子どもを結婚の動機に挙げる人が大多数ですが、「将来のことを考えるとずっとひとりは嫌」(28歳・女性)という声も多いです。

☆一人前になれる

一昔前に言われていたような「結婚してやっと一人前」という世間的な評価というよりは、自分自身が「なんのために生きるのか、働くのかを体感できた」というようなイメージを言う人が多いです。

☆精神的に安定する

「家族がいる安心感は何物にも代えがたい」(36歳・女性)、「今までキリキリしていたのが嘘のように安定した」(37歳・女性)という意見に代表される「心の平穏」や「安心感」などのことです。

◇結婚のデメリット

続いてデメリットを見てみると、以下の3つがよく挙げられます。

☆時間の自由が失われる

「時間の自由」とは、「仕事で1日を費やして、土日は趣味や勉強をしたいけれど、結婚するとそれができなくなる」(25歳・男性)というように、「好きなことができなくなる」「自由に時間配分ができなくなる」ことへの怖れです。

☆経済的な自由が失われる

「趣味にお金が使えなくなる」(38歳・男性)「結婚したら都心に住めなくなる(通勤が大変になる)」(25歳・女性)という声のほか、「コスパ意識」から結婚を避けようとする人たちもいるようです。ただし、これらは「経済的に安定したら結婚したい」という思いの裏返しでもあって、「いつかは結婚したい」と考える男女が多いこともつけ加えておきましょう。

☆子育てが大変

結婚率が高かった時代に比べると、核家族化や女性の社会進出が進んだことから、「子どもを育てる大変さ」を挙げる人は相当数います。実は結婚したい理由のメインは、昔から「子どもがほしいから」が1位です。しかし、今どきは「子どもを育てる大変さ」をさまざまなメディアで見知っている人が多いだけに、「仕事を辞めなければならないかもしれない」が、「収入も多くはないし……」と子育てを結婚のデメリットととらえる気持ちが芽生えやすいのかもしれません。

◇今後の結婚のあり方とは

現実の社会状況を見ていると、結婚離れが進んでいくのは先進国に共通する大きな流れで、抗えるものではない気がします。ただ、結婚の形態や、結婚に代わる「つながりのあり方」を模索する人は増えてきていますし、その息吹も聞こえはじめています。たとえば、結婚の形態で言えば、何度も結婚する人が増えていたり(2015年の国勢調査では全婚姻数のおよそ3割が、片方または両方の再婚)、事実婚や同性婚を選ぶ人、未婚のままシングルマザーの道を選ぶ人たちも数を増しています。

また、結婚という形でなくても、単純に「人と暮らす」ということで言えば、シェアハウスはこの5年でぐんと増えてきていますし、ひとり暮らしを経た後に実家に戻るシングル男女も実は増加しています。
さらに、50代以上の結婚は未婚・再婚共に増えてきていますから、今後は、これまでの概念にとらわれない「つながり方」や「結婚のあり方」を選ぶ人が増えていくのかもしれません。

■個人の認識が結婚離れを変えてゆく

結婚は生き方を大きく左右するものですが、「いろんな生き方の形があっていい」という風潮が今の結婚離れを産んだ面はあると思います。ただし、「自由に選択できる人」がいる一方で、「何も選択できなかったり、思うような選択ができなくて息苦しさを感じる人」がいるのも事実です。特に、社会的、経済的な不安定さから結婚を考えられなくなっている若者がいるというのは大きな問題でしょう。
結婚を「できる」「できない」で考え始めると、どうしても「個人の能力」のように問題がすり替えられがちですが、社会全体が生み出した結果であることをひとりひとりが認識すれば、将来はまたちがったものになってゆくのではないでしょうか。

(にらさわあきこ)

※画像はイメージです

Source: マイナビウーマン