作業時間5分でできる「こねないパン」が大流行!作ってみたら簡単だった【レシピ】

作業時間5分でできる「こねないパン」が大流行!作ってみたら簡単だった【レシピ】
AD

休日の朝、焼きたてのパンのニオイで目覚められたら……考えただけで幸せな気持ちに! でもパン作りは手間もかかるし、ハードルが高いですよね。そんなあなたに朗報です。
パン好き女子の間で話題となっているのが、「こねないパン」。名前のとおり、まったくこねずに作るパンで、「パン作りは面倒で大変」という常識をひっくり返した画期的なレシピなんです。レシピ本も多く出ているほか、インスタグラムでも「#こねないパン」の投稿数は7,000件以上!

konenai8

このこねないパン、なんと手を動かす時間はたったの5分以内とのこと。パン作り未経験者が実際に作ってみました。

■材料(直径20cmの鍋ひとつ分)

強力粉 300g
ドライイースト 小さじ1
砂糖 小さじ2
塩 小さじ1/2
水 200ml

1. ボウルにすべての材料を入れ、木ベラ等でざっくり混ぜる。
konenai1

はかりの上にボウルを置き、どんどん材料を入れていきます。なんとなくひとまとまりになればOKとのこと。2分くらい混ぜました。

konenai2

2.室温で2時間ほど発酵させる。

konenai3

生地が2倍程度にふくらむまでラップをかけて置いておきます。私は面倒だったので冷蔵庫で一晩寝かせました。

 

3.ふくらんだ生地を引っ張って伸ばし、丸くまとめる。

konenai4

ボウルから生地を出し、生地を引っ張って真ん中に集めるようにして丸くします。生地がやわらかく手にくっつきやすいので、打ち粉をしたほうがやりやすいです。写真、全然丸になってないですね……まぁよしとします。ここでの作業時間も2分ほど。

 

4. 鉄製鍋やケーキ型に入れ、室温で30分~1時間ほど発酵させる。

konenai5

オーブン対応の鍋などにクッキングペーパーを敷いて生地を入れ、再び寝かせます。ルクルーゼやストウブで作っている方が多いようですが、我が家にはちょうどいい鍋がなかったので、パウンドケーキ型を使いました。写真、クッキングペーパーの切り方が汚い……すみません、性格が出ちゃってますね……。

 

5. 200度のオーブンで焼いてできあがり!

konenai6
200度に予熱したオーブンで、フタをして30~40分焼き、その後フタを取って20~30分焼きます。私はアルミホイルをかぶせました。高さが出てしまったため、少し焦げました……。型から出してみます。

konenai7

ちょっと焦げてて形もいびつですが、おいしそう! なんといっても、オーブンを開けたときの香りといったら……まさに至福のひと時! 早速食べてみたいと思います!

konenai8
焦げた部分はちょっと硬いですが、外はパリパリ、中は思ったよりふわふわです。中が柔らかいので、包丁で切ったときに断面が少しつぶれてしまったくらい……。ちょっと発酵が足りなかったのか、ずっしりと食べ応えがありますが、かむほどに甘みが増して、何もつけなくてもおいしいです。普段はジャムなどをつけないとパンを食べない2歳の息子も、そのままでバクバク食べていました。シンプルな材料のみなので、子供のおやつにもいいですね。

かなり適当に作ってみましたが、それでもしっかりとおいしいパンができてびっくり! トータルの時間はかかりますが、ほとんど放っておくだけなので、ズボラさんでも簡単にできます。

今回はシンプルなレシピで作りましたが、ナッツやハーブを入れたり、ロールパンやクロワッサン風にしてみたりとアレンジレシピも豊富なので、インスタを参考にまた作ってみたいと思います♪ (深澤 彩)

 

関連記事

Source: cancam