ふたりだけの結婚式を挙げたい! メリットとデメリットとは

ふたりだけの結婚式を挙げたい! メリットとデメリットとは
AD

結婚式とは誓いの儀式。祝福してもらったり、お披露目をしたりするのも素敵で大事な要素ですが、ふたりがふたりのために挙げる結婚式も、価値のある正式な結婚式だと言えます。「こうでなければいけない」というイメージにとらわれず、自分たちに合っているスタイルを探すためのひとつのアイディアとして、さまざまな「ふたりだけ」の結婚式をご紹介します。

■ふたりだけの結婚式がオススメな人

ふたりだけの結婚式とはいったいどういうものなのか、どういう人に適しているのかをお話しします。

◇ふたりだけの結婚式とは? 一般的な結婚式のちがい

挙式(セレモニー)自体は、参列者がいるかいないかというちがいだけで、式次第などは特に変わりません。たとえば、チャペルで行なうキリスト教式なら、バージンロードを歩いて入場するときに両側に見ている人がいるかとか、賛美歌を歌ったり、交換した指輪を披露したりとか、参列者がいる式を見慣れているとすると、人がいないことが気になるかもしれませんが、いなくても式次第(プログラム)は基本的に同じで、式の意味合いも変わることはありません。

日程や場所も、家族やお友達の集まりやすさを考えずにふたりの希望で決めることができます。とくにリゾート地や海外の場合、参列者の旅費や挙式前後の過ごし方などに気を使うことないのは大きなメリットだと思います。一方で、もし国内の都市部、人気のホテルや式場などでは、基本的に披露宴とセットでプランになっていて、挙式だけ、ふたりだけ、という希望では予約できない場合もあります。また、神社や教会においても、家族や立会人を伴う挙式こそ正式としているところも多いので、もし場所や挙式スタイルなどに特定の希望がある場合には「ふたりだけ」が叶うのか事前に確認したり、希望する理由を伝えて叶えてもらえるようにしたりする必要があるかもしれません。

◇ふたりだけの結婚式がオススメの人

ふたりだけの結婚式を挙げるのがオススメな人とはどんな人なのか、紹介します。もし当てはまったら検討してみてもいいかもしれませんね。

☆旅行を兼ねて挙式する場所で選びたいカップル

新婚旅行を兼ねて、好きな場所で結婚式をしたいというカップルには、ふたりだけの結婚式がオススメです。滞在中の家族のケアなどの心配がなく、その分の費用も抑えられます。ヨーロッパやアメリカ、アジアのリゾート地など美しいロケーションや旅行としての体験を重視するカップルにぴったりです。

☆写真撮影を重視するカップル

写真を撮ることが結婚式を挙げる主目的と考えているカップルにも、ふたりだけの結婚式はオススメです。写真撮影を中心に計画することができるので、どんな場所でどのくらい時間をかけるのか、エージェントやフォトグラファーと相談しながら決めることができます。ビーチリゾートや都市部のチャペルも人気です。

☆忙しく仕事をしているカップル

仕事が忙しく準備に十分な時間をかけることができないとか、ふたりの休みが合わないというカップルにも、ふたりだけの結婚式はオススメです。一般的に結婚式の準備で大変だと言われているのは披露宴や招待客に関わること。ふたりだけなら準備の項目も少なく、集中して取り組むことができるはずです。

■ふたりだけの結婚式のメリット・デメリット

続いて、ふたりだけの結婚式のメリットとデメリットを紹介します。

◇ふたりだけの結婚式のメリット

☆日取りが決めやすい

招待客が多ければ多いほど、気を使うべき項目が増えるわけですが、時期や曜日など集まりやすい日程を調整するのは大変なことです。特に、ふたりの誕生日や記念日など希望する日にちがある場合、ふたりだけなら平日でもオフシーズンでも合わせやすいです。いい写真が撮りたいのであれば、混んでいて写真が撮りにくい日を避けたり、気候のいい時期に調整するなど、ふたりだけなら自由に選ぶことができます。

 

☆まわりの目が気にならない

恥ずかしがり屋や緊張してしまうタイプのふたりなら、周囲の目を気にすることなくリラックスして臨めることもふたりだけの結婚式ならでは。普段の周囲からのイメージに合わせて演じたり、 照れたりすることもなく、素直な言葉で誓い合い、笑い合うことができるなら、それだけでも十分なメリットと言えるはずです。

☆目的や希望を最優先にできる

日取りや場所選びなど、すべて自分たち優先のスタイルを選択することが可能なのが、2人だけの結婚式。誰かのせいにすることなく、2人がしっかりと向き合い自分たちの結婚の第一歩目を決めることができます。写真が撮りやすい早朝や山の上の神社、飛行機を乗り継いで行く海外など、ふたりの希望を最優先しても、周囲は理解して祝福してくれるはずです。

◇ふたりだけの結婚式のデメリット

☆思い出が共有できない

一般的な結婚式の価値は「思い出の共有」と言われています。「あのときこうだったね」という共通の思い出は、長く会話に登場するもの。ふたりの大切な思い出が家族や友だちにとっても同じように大事な思い出になることが期待できないのはもったいないかもしれません。フォーマルウェアを着た親の緊張した姿や友だちが勢ぞろいした笑顔の風景が見られないことに悔いがないか、よく考えておきましょう。

☆周囲が残念がるかもしれない

ふたりが希望する場所で好きなように結婚式をすることをきっと周囲は賛同してくれると思いますが、もしかしたら、立ち会うことができないこと、招待してもらえないことを寂しく思っているかもしれません。「気を使わせたくない」とお互いが遠慮していただけで、本当は立ち会ってほしい、立ち会いたいと思っていたというケースもあるので、勇気をもって本音で話してみるのも大事なことです。

☆新しい発見を逃すかもしれない

挙式披露宴の中では必ずと言っていいほど、新しい発見があるものです。「まさかあの人が泣くなんて!」「お父さんがあんな顔して笑うなんて!」「彼があんなに緊張するなんて!」と驚いたり感動したり、多くの人の前で結婚式をしなければわからなかったことや交わせなかった言葉があるとしたら、その機会を逃してしまうのはもったいないかもしれません。

■ふたりだけの結婚式! 気になる費用やスタイルとは

続いては、気になるふたりだけの結婚式の費用や人気スタイルについて紹介します。

◇ふたりだけの結婚式で人気のスタイルやパターン

☆映画で見たヨーロッパの教会で挙式

ヨーロッパは長いお休みでしか来られない場所と考えるカップルが多いので、新婚旅行を兼ねて10日ほど時間が取れるならゆっくり滞在したり、近隣の国を回ったりとふたりらしく過ごせそう。古城や歴史ある教会で結婚式をした後、その土地の食事や文化を楽しんだり、特別な経験ができるはずです。映画のロケ地などふたりの好きなものに関連したところで挙式できたら素敵ですね。

☆一生付き合っていく神社で

基本的に家族同士の儀式と考えられている神社の結婚式ですが、事情や希望を話せばふたりだけの結婚式を叶えてくれるところもたくさんあります。初詣や折にふれて参拝したりすることで、ふたりの人生のスタートの地として故郷のように思えたり、一生付き合っていける特別な場所となるはずです。伝統やアイデンティティを大切にしたいカップルにぴったりだと思います。

☆選択肢の多いハワイで

人気のハワイウエディングは、カスタムメイドも含めてプランがとても豊富です。価格帯や日程、オプショナルツアーなども含めて選択肢が多いので、ふたりの希望に合うスタイルを見つけやすいはず。挙式の前後はラグジュアリーなホテルにゆっくり滞在し、残りの日々はアクティビティを楽しむなど、参列者を伴わないからこその自由度の高い過ごし方ができるのではないでしょうか。

◇予算目安は? ふたりだけの結婚式に掛かる費用

一般的な挙式披露宴では、招待客の人数やいただけるご祝儀を想定した予算の組み方をしますが、ふたりだけの結婚式では、そういう基準となるようなものがありません。基本的に「挙式料」「衣裳代」「ヘアメイク・介添え」「写真・ビデオ」がベースで、旅費、宿泊費、支度場所からの送迎のリムジンなどがプラスになったりします。
セットのプランで割安になっている場合、国内では20〜40万円程度。海外だと旅行全体を含めて100〜150万円程度が相場ではないでしょうか。都市部の挙式を含む「フォト・ウエディング」では10万円以下で全部含まれているパックプランもあるので「どのような目的で、どのようなスタイルを希望するのか」ふたりの意見がまとまっていて、周囲の理解があれば、意外とたくさんの選択肢があると言えると思います。

■ふたりのためだけの素敵な結婚式を

結婚式は必ず挙げなくてはいけないものではありません。それでも、結婚式をしたいと思うふたりには必ず何か理由や目的があるはずです。写真のため、ふたりの思い出、旅行のついで、どんなものでも、きっとそれはふたりらしく大事なことだと思います。その希望に一番合うスタイルを周囲ともよく相談して見つけてください。余計な気を使ったり、周囲に使わせることなく希望を遂行できるよう、報告や根回しは「早めに・丁寧に」しましょう。ふたりによる、ふたりのための結婚式が素敵に実現されますように!

(岡村奈奈)

※画像はイメージです

Source: マイナビウーマン