藤木直人、山崎賢人を賛辞「素晴らしいチャレンジの場に立ち会うことができ、誇りに思う」

藤木直人、山崎賢人を賛辞「素晴らしいチャレンジの場に立ち会うことができ、誇りに思う」
AD

9月13日に最終回を迎える山崎賢人さん主演の『グッド・ドクター』(フジテレビ系・毎週木曜22時 ※最終話15分拡大)。小児外科医の世界を舞台にしたメディカル・ヒューマンドラマの本作で、東郷記念病院小児外科のエース・高山誠司を演じてきた藤木直人さんが、このほどクランクアップを迎えました!

(C)フジテレビ

『グッド・ドクター』は、山崎さん演じる、自閉症スペクトラム障がいでコミュニケーション能力に障がいを抱える一方、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の青年・新堂湊が、レジデントとして小児外科の世界に飛び込み、周りの偏見や反発にさらされながらも、同じ小児外科の瀬戸夏美(上野樹里)や高山らとともに、子どもたちの命のために闘い、子どもたちの心に寄り添い、そして子どもたちとともに成長していく姿を描いてきました。

藤木さんの最後の撮影は、東郷記念病院・廊下のシーン。最後のカットを撮り終え、「藤木直人さん、オールアップです!」と声が上がると、スタッフに囲まれ、山崎さんから花束を受け取り、肩を抱き合いました。

藤木さんは「皆さん、大変お世話になりました。『グッド・ドクター』は、すごくシンプルなタイトルですけれども、良い医者とはどういうことなのかを考えさせられる素晴らしい作品で、参加することができて、とても光栄です」と感謝の言葉を。

(C)フジテレビ

また、山崎さんについても「すごく難しい役だったと思うのですが、賢人くんの素晴らしいチャレンジの場に立ち会うことができて、とてもうれしく、誇りに思います。一応先輩として、何か手助けができたらいいなと思ったんですけれども、何もすることができず、唯一教えてあげることができたのはルービックキューブのそろえ方だけでした(笑)。こんなにルービックキューブに食いついてくれた現場は初めてだったので、とてもうれしかったです。ありがとうございます!」と充実の笑みで挨拶をおこないました。

前回の第9話ラストで、ステージ4のガンにより倒れた司賀明(柄本明)に付き添っている湊が、司賀の病状を初めて知り、ショックを隠せません。その時、湊に森下伊代(松風理咲)の急変を知らせる連絡が入ります。司賀に今心配すべきなのは自分ではなく子どもたちだ、と促された湊は伊代の病室へ・・・。

夏美ら小児外科医を集めた高山は伊代が肝硬変も患っており、放置すれば肝不全になるため、すぐにでも肝臓の移植手術が必要だと話します。そして、伊代は小腸の移植も予定されているため、高山は肝臓と小腸の同時移植以外に伊代を助ける方法はないと告げます。しかし、小腸と肝臓の同時移植は国内で実施された例は少なく、高山ですら行ったことがありません。そこにERから川で溺れた少女、吉本美咲(古川凛)が心肺停止状態で運び込まれたと連絡が入り…。小児外科医がつなぐものとは? そして本当の“グッド・ドクター”とは?小児外科医と子どもたちが紡ぐ最後の物語に注目です!

関連記事

Source: cancam