スピード婚・出会ってから付き合うまでが早い人の特徴

スピード婚・出会ってから付き合うまでが早い人の特徴
AD

【スピード婚・出会ってから付き合うまでが早い人の特徴】


カップル

 

身の回りで、いつも出会ってから付き合うまでが早くてびっくりするような人はいませんか? 20代に入ると、あの人もう結婚したの!?と思うようなスピード婚を目の当たりにすることも増えるかもしれません。
そこで今回は、出会ってから付き合うまでが早い人や、スピード婚しがちな人の心理的な傾向を紐解いていきましょう。

 

■素直で騙されやすい性格の人が早婚なワケ

恋愛における嘘は、ときとしてふたりの仲を引き裂くことに繋がります。しかし、こと結婚に関して言えば、早婚に結びつきやすいとされています。
アメリカの心理学者ディボーロの実験によると、嘘を見抜けない相手は交際相手から好意を持たれ、パートナーとして選ばれやすいという結果が出ています。しかしそんな関係性でフェアな結婚生活が送れるのか……というと話は別。

 

■自分をよく認識し、つり合いの取れた人を選べる人

心理学者のマースティンは、99組のカップルの写真を用意し、身体的魅力を採点させました。すると、容姿のレベルが似た者同士のふたりは、お互いの満足度が高く、早い段階で結婚を意識しやすいという結果になったそうです。これをマッチング仮説と名付けました。そのため、自分をしっかりと認識し、それに見合った相手を選べる人は、付き合ってから結婚にいたるスピードが速いと言えます。ちなみに、容姿が不釣り合いな場合は、社会的地位、性格、知性などでバランスを取る必要があるようです。

 

■第一印象で長所をアピールできる人は結婚が速い

日本人的な考えからすると、初対面の相手に自分の長所をアピールしたり、良い部分だけを伝えるのは、謙虚さに欠けると感じてしまいがち。でも、早く結婚したい場合は、初対面の段階で自分の長所から伝えるようにしましょう。社会心理学者のソロモン・アッシュは、印象形成実験を行い、最初に良いイメージを提示したら、その後も良い印象が残りやすいという結果を発表しました。そのため、第一印象で自分の長所をアピールできる人は、結婚相手として選ばれやすくなるのです。

 

 

結婚相談所や婚活マッチング会などでよく聞く意見なのですが、選ぶよりも選ばれることを意識していないと、なかなか結婚には至らないそうです。結婚相手となると、条件を厳しく見過ぎてしまい、選べなくなるのが問題なのかもしれません。相手から見て自分はどう映るのかを大切にしていれば、必然的に結婚のチャンスは増えますし、結婚というゴールに向かっていく速度も高まると言えます。(脇田尚揮)

脇田尚揮
認定心理士。Ameba公式No.1占い師として雑誌やTVなどに取り上げられ、現在テレビ東京「なないろ日和」にてレギュラーコーナー担当。また、自身が監修したアプリ 「マル見え心理テスト」はTBS 「王様のブランチ」 などでも紹介され、120万DL。著書『生まれた日はすべてを知っている。』(河出 書房新社)。

 

★モテない女子の特徴はコレ!モテるためにすべきこと&心理学

>>CanCam.jp TOPヘ

関連記事

Source: cancam