通勤&休日の相棒♡トートバッグコーデ15選

通勤&休日の相棒♡トートバッグコーデ15選
AD

トートバッグを取り入れた最旬コーデをクローズアップ!

大容量&おしゃれが決まる、使い勝手抜群のトートバッグを取り入れた着こなし。便利だけどちゃっかりかわいい旬顔コーデを、シーズン別に紹介します。

【目次】
トートバッグ×秋冬コーデ
トートバッグ×春夏コーデ

トートバッグ×秋冬コーデ


【1】花柄ワンピース×ライダースの大人め甘辛MIX

花柄ワンピース×ライダースの大人甘辛MIX

肌寒い日は、華やかなイエローのワンピースでテンションアップ♡ 細かくあしらわれた花柄で女性らしさを引き立てつつ、風にふわりと揺れるミモレ丈で今っぽさに拍車をかけて。今年の秋は、甘い花柄ワンピをライダース合わせで甘辛ミックスに着こなすのが気分。ちょっぴりヴィンテージ感漂うワンピースの色合いと絶妙にマッチします。季節感をあげてくれるのは、ころんとしたシルエットが魅力のファーバッグ。レディな中にも可愛らしさを忘れない、MIXスタイルの完成です♪

★この秋冬はライダースが気分。ベストな着こなしは?|今日のコーデ

【2】ボリューム感満載のストールで季節感と暖かさをアップ

ボリューム感満載のストールで季節感と暖かさアップ

ぐっと冬を感じる日は、朝晩の寒暖差を乗り切りるボリューミーなストールをチョイス。暖かさが叶うだけでなく、シンプルなトーンで合わせた着こなしのアクセントとしても活躍します。首に巻くのはもちろん、広げて肩にかけても使えるストールは、いまの時期手に入れておきたいアイテムのひとつ。どんなスタイルにも合わせられるベーシックなカラーを取り入れるのがオススメです♪ 女性らしさも忘れたくないから、ボトムは歩くたびに軽やかに揺れるプリーツスカートでしなやかな雰囲気をプラス。トレンドのシャイニーアイテムは、挑戦しやすいスリッポンタイプの靴でさりげなく。靴とリンクさせたシルバーアクセで、ちょっぴりリッチな印象に仕上げましょ。

★【今日のコーデ】この時期頼れる!「ストール」のベストな取り入れ方

【3】おしゃれかわいい♡ミントカラーのコートが主役

冬の寒い日を乗り切るミントカラーのコートが主役

冬の寒さが本格さを増す日は、しっかりとした生地感のウールコートがマスト。今年は、爽やかなミントカラーで取り入れてコートスタイルをアップデートするのがオススメです♡ インナーは、足首まである少し長め丈のスカートを合わせて上品な印象に。リブニット生地のスカートは、暖かいうえに履き心地も抜群です♪ 脚長効果を意識して、トップスはイン。コートのカラーとリンクさせた、グリーンベースのストールをプラスすれば、コーデのおしゃれ度がアップします。首元にボリューム感を出すことで、小顔見えも叶えて。

★【今日のコーデ】中条あやみが着こなす冬スタイルにキュン♡

【4】ビビッドカラーで写真映えする楽かわ♡スタイル

ビビッドカラーで写真映えする楽かわ♡スタイル

【右】シワ加工が入っているピンクのスカートにデニムジャケットを合わせて、ラフでかわいい女の子カジュアルに♪ 白が冴えるスニーカーで、キリッとした爽やかさをプラス!【左】ビビッドカラーのカーデは、写真映えも抜群。 袖口や裾に施したかぎ編みレースで、デニムを女の子っぽく仕上げましょ。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/まい・宮本茉由(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

トートバッグ×春夏コーデ


【1】ボーダーT×キャスケットのフレンチカジュアルが新鮮

ボーダーT×キャスケットのフレンチカジュアルが新鮮

ぐっと気温があがる日は、ゆるっとしたボーダーTをラフに着こなすのがオススメ♪ ボーダー×キャスットのパリっぽコーデは、ボトムにボリューム感のあるネイビーパンツを合わせることでmore今っぽく仕上げています。シンプルなワイドパンツは、おしゃれ見えするベロア素材でトレンド感もアップ! こなれたスタイに仕上げてくれる上に、夏から秋冬まで着回せる優秀な一着です。

★【今日のコーデ】990円に見えない!フレンチカジュアルなTシャツコーデ

【2】大人かわいいヴィンテージ風シャツはデニムで合わせるのが正解♡

大人かわいいヴィンテージ風シャツはデニムで合わせるのが正解♡

花柄ブラウスで春気分を満喫♪ 今年の春はちょっぴりヴィンテージな雰囲気がトレンドなので、肌馴染みの良いベージュの上にくすんだブラウンの小花柄があしらわれたブラウスは、まさに今の気分にぴったりなアイテムです。ウォッシュ加工がされているデニムに合わせて、甘辛MIXに。小物はスケルトンのバケツ型バッグをチョイス。ブラウスとカラーを揃えつつも、つるんとした素材感が組み合わさり、奥行きのあるコーデが完成します♡

★【今日のコーデ】春の陽気を感じる日♡花柄ブラウス×デニムの着こなし

【3】鮮やかなグリーンのカラーニットが青空に映える!

鮮やかなグリーンのカラーニットが青空に映える!

パッと目を引くグリーンのニットをコーディネートの主役に。さらっと一枚で取り入れてワイドなデニムパンツにINすれば、ヘルシーでこなれた夏コーデの完成です。カラーアイテムをポイントにするなら、小物もあえてカラフルなものをチョイスしてとことんHAPPYに振り切って♪

CanCam2018年6月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/冬木慎一(Sui) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/長谷川 礼、権藤彩子

【4】レディなセットアップを小物でカジュアルダウン☆

レディなセットアップを小物でカジュアルダウン☆

ネイビー×赤の花柄セットアップは、ロング丈のフレアシルエットがレディーな印象。そのまま着こなしてもいいけれど、おしゃれ度を重視したいときは、小物でアップデートするのがオススメです。ボーイズライクなキャップや、トレンドのPVCバッグでカジュアルにシフトして♡ 足元は華奢なサンダルで、女っぽさも忘れずに♪

CanCam2018年6月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/冬木慎一(Sui) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/長谷川 礼、権藤彩子

【5】ストライプのタイトスカートで洗練されたイイ女に

ストライプのタイトスカートで洗練されたイイ女に

マニッシュなピンストライプも、白が多めなラップスカートならデートにも最適なレディテイストに。 ミニバッグと大きめトートの2個持ちも、夏らしいストロー素材のバッグならコーデの雰囲気を壊さずおしゃれっぽく決まります。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/松村沙友里(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【6】ストライプのシャツワンピで洗練された女らしさをGET!

ストライプのシャツワンピで洗練された女らしさをGET!

かっちり見えする襟付きのシャツワンピは、洗練されたストライプ柄で大人っぽい印象に。長めの丈をチョイスすれば、ちょっとしたお出かけにも対応できます。バッグは小ぶりが気分なので、荷物が多い日はミニバッグとシンプルなトートの2個持ちがオススメ。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/堀田茜(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【8】カシュクール×ミモレ丈のデザインで甘めリッチな印象に♪

カシュクール×ミモレ丈のデザインで甘めリッチな印象に♪

女神感溢れるカシュクールデザインの白ワンピース。美ラインをキープするハリ感のある素材が、上品で女らしいシルエットを演出します。ちょっぴり勇気のいる白ワンピは、ふくらはぎが隠れる少し長めの丈がオススメ。ポイントには、涼しげなかごトートやイエローのパンプスを指名すれば、夏に映える美人コーデが完成します。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【9】さらっと着られてすぐに洗えるTシャツワンピは休日コーデに◎

さらっと着られてすぐに洗えるTシャツワンピは休日コーデに◎

地厚素材のゆったりシルエットのワンピースは、体のラインを拾いすぎないうれしいデザイン♡ カラフルなバッグやイエローのスニーカー、サングラスなどの小物を投入して、シンプルなTシャツワンピをプレイフルに盛り上げて!

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【10】鮮やかオレンジのオフショルで夏オーラ全開に♪

鮮やかオレンジのオフショルで夏オーラ全開に♪

フリルのオフショルトップスには、ラフでこなれたデニムタイトを合わせて程よくカジュアルダウンするのがオススメ! 中央のスリットがほんのりセクシーな女っぽさを演出します。鮮やかなオレンジとエスニック風のフリンジトートで、コーデをさらに夏らしく盛り上げて。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/まい(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【11】ロングワンピには、カジュアルなスニーカーが好バランス

ロングワンピには、カジュアルなスニーカーが好バランス

たっぷり生地を使ったフレアワンピは、歩くたびにふわっと広がるシルエットがなんともドラマティック♡ 大人なレンガ色にネイビーを差してどこかマリンテイストな装いに。ロング丈のワンピースにはローカットのスニーカーで、街歩きにもgoodなおしゃれさを。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【12】デニムワンピ×白Tはタイトシルエットで女っぽさもキープ

デニムワンピ×白Tはタイトシルエットで女っぽさもキープ

デニムワンピなら、秋本番でも使える&落ち着いた雰囲気のインディゴカラーが狙い目! さらに足元はヒール靴をセレクトして、女性らしさをダメ押し♡

CanCam2018年9月号より 撮影/須江隆治(See/) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ  モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/石黒千晶

関連記事

Source: cancam