仕事が中心。広告マーケタ男子のお部屋 #彼がおうちに帰ったら

仕事が中心。広告マーケタ男子のお部屋 #彼がおうちに帰ったら
AD

眠そうな表情や、ぐしゃっとした寝ぐせ、脱ぎっぱなしのシャツ、風呂上がりの濡れた髪。スーツを脱ぎ捨てると、そこにいるのは無防備で、まだあどけなさも残るような美少年。

ああ、たまらない‼ 普段、誰にも見せない素顔の奥の奥までを覗きたいっ! そんな女子の願望をまるごと叶えるような連載がスタート!

「ちょっとそこのお兄さん! おうち、ついて行ってもいいですか?」

少し緊張している様子。普段は、広告マーケターの仕事をしている尚哉さん

記念すべき初回は、正統派若手ビジネスマン。朝は早く、帰りも遅くなることが多く、とにかく仕事中心の生活を送っている。休日まで仕事していたりするほど、多忙な毎日を送っているそう。スラッとしたスタイルに日本人離れした長い脚、そして小さい顔! 笑うとあどけなくなるギャップも、またたまらない。

「言われたとおり、マジで全然掃除してないんですけど、いいですか?」

いいですとも、いいですとも。ありのままの飾らないあなたのおうちで、ありのままの飾らないあなたを見たいの。というわけで、早速おうちにお邪魔します! きれいに並べられたスリッパを履いて、奥の部屋へ進むと彼がいた。どうやら仕事をしているよう。それよりこの椅子少し高くないですか?

部屋着はサッカーチームのユニフォームに、趣味のバスケットボールの練習着を合わせたもの。部屋着の彼は、実年齢よりずいぶん若く見える。少女漫画に出てくる高校生男子みたいだ。

まじめな彼は、家の中でも仕事をしている、まさに「仕事人間」。

「最近買ったAirPodsをつけて仕事をしたり、料理をするのが日常ですね」

そっと机の上を見ると、なにやら難しそうな本も見つけた。ほかにも、ビジネス本やマーケティングの本などもあったり。彼は本が好きで、家選びの基準は、自宅のすぐ近くに図書館があることが決め手だったそう。


「これもぼくのこだわりですね。ベッドとまくら、あわせて約13万円なんですよ」

え。ベッドマットにそんなお金かけているんですか⁉


「これがやばいんですよ。抜け出せなくなる。疲れをとるためには睡眠が大事だと思い、みんなで買いに行って30分で即決です」

じゃあ、このベッドにいつもの感じでだらけてください! すると、ベッドに座りだす尚哉さん。全然ダラッとしてないんですけど。ベッドは座るものじゃなくて、ゴロゴロするものじゃないんですか?

「普段ベッドでゴロゴロしないんですよ」

こんな感じで壁に寄りかかってテレビを観たり……。

ときには、こうやって趣味のバスケットボールで遊んだり。


ベッドの上での過ごし方がこんなにさわやかな人なんて、なかなかいない。

ふとカーテンに視線を向けると、ヘアピンを発見。これは何ですか?

「夜は真っ暗で寝たいからね。ほんのわずかな光もイラっとするから、ヘアピンで留めているんですよ」

さすが神経質を自認するだけある。それはさておき、このヘアピンは彼女のもの? 元カノのもの? さあ説明してください。

「実家のペンをペンケースごと持ってきていて、その中に入っていたんじゃないかな? 多分、実家の母親のものですね(笑)」

自称“実家から持ってきた母親のヘアピン”で、しっかり留めている

一筋の光も許さない、そんなかたくなな一面を垣間見たところで、我々は台所へと移動。すると早速、換気扇の上から飛び出ている「かつお節」を発見。なんだか落ちてしまいそうなうえに、2種類もある。この「かつお節」でダシをとるというから驚きだ。

「大体の料理は、ダシにかかってますよ」

今じゃ、世の主婦でも粉末のものを利用している人も多いっていうのに。この笑顔でダシについて説明されるなんて。

とびきりの笑顔でダシを語る。実は関西出身なんだとか

じゃあ躊躇なく冷蔵庫の中も開けちゃいましょう。えっと、この透明なポットはなんですか?

「え、なにかおかしいですか?」

これ、お水……?

「はい。水道水を沸騰してから、こうやって冷やして飲んでいるんですけど。おかしいですか?」


「みんなやってると思っていた!」と話す

お茶っぱとか入れないんですか?

「お茶より水がいいんです。ミネラルウォーターとか買わないで、こうやって自家製にしています」

庶民的で、ちょっと天然(?)なかわいい部分が見えてきた。それ以外にも自家製餃子を冷凍ストックしている、など、几帳面な部分も。そんな彼を見ていて、ふと疑問がわいてきた。

こんな快適に暮らしていたら、結婚しなくてもいいんじゃない?

「いいや、結婚はしたいです。子どもがほしいから!」

最後はお気に入りのグッズを持って、ケラケラ笑いだした。クールでかっこいい若手ビジネスマンの家について行ったら、こんなかわいい一面を発見しました。

撮影が終わると、すぐにスーツに着替えた尚哉さん。

「これから会社に戻って仕事します」


あっという間にオンモード。打ち合わせの電話をしながら会社へ急ぐ彼からは、もうあの無邪気な笑顔は消えていたのでした。

次回は、意外な一面を発見⁉ 地下アイドル男子のおうちについて行ったら……。

(文・取材:マイナビウーマン編集部、撮影:masaco)

Source: マイナビウーマン