そら短命だわ。すぐ別れてしまう恋愛時にやってしまいがちなこと

そら短命だわ。すぐ別れてしまう恋愛時にやってしまいがちなこと
AD

気になる異性と付き合ったり、別れたり……。短いスパンで繰り返す人には、どこか華やかな印象があります。しかしいざ「本命」として見ようとすると、「もしかして俺も、すぐに捨てられちゃうのかな!?」なんて、余計な不安を与えてしまうものかもしれませんね。なぜ短命恋愛をしてしまうのか。

18歳から35歳の女性134名に聞いた短命恋愛エピソードから、「長続きしない理由」を考察してみましょう。

【短命恋愛経験者の女子に聞いた「別れちゃった理由」】


■相手の猛アピールで!

「告白されて一度は断ったが、試しにと言われ何度かデートしたが、やはり好きになれなかった(1カ月で別れた)」(33歳・会社員)

「押しに負けて付き合いましたが、時間の浪費になりそうだったのですぐに別れました(半日で別れた)」(26歳・会社員)

「あんまり好きじゃない相手に告白されて付き合ってみたけど、友達がその人の事好きだと知り別れた(2週間で別れた)」(23歳・学生)

女子にとって恋愛とは「思うより思われる方が幸せ」なんて言われることもありますが、現実は厳しいことがわかりました。やはり付き合うなら、自分が心の底から「好き!」と思える人を選ぶのがベストです。

■ノリで付き合っちゃった

「半ば遊びで付き合ってた感じだったから(1週間で別れた)」(25歳・会社員)

「勢いで付き合うも、嫌な部分ばかりが鼻についてしまい別れました(2カ月で別れた)」(23歳・会社員)

特にお酒が入っているときには要注意!? 「なんとなくそんな雰囲気だし、いっそ付き合っちゃう!?」なんて流れにもなりかねません。しかしいざ冷静になる瞬間がやってくると……「なんで付き合っているんだっけ?」と、疑問に感じてしまいます。

■想像と違った!

「付き合ったけど、なんか違った(笑)(1カ月で別れた)」(27歳・会社員)

「思ってた人と違くて(1週間で別れた)」(26歳・その他)

「学生のとき、大好きだった人と付き合えたのに、一緒に下校したらなにか違うと思って振りました(2日で別れた)」(25歳・会社員)

恋に恋する乙女チックな女子にとっては、要注意ポイントと言えそう! 相手に対する期待度が大きければ大きいほど、「こんなはずじゃなかった」なんて感じてしまうのでしょう。思い当たる節がある方は、正式にお付き合いする前のリサーチ期間を、長めにとるのがオススメですよ。

■遠距離恋愛

「遠距離恋愛で自然消滅になりかけたのでけじめをつけるためお別れ(4カ月で別れた)」(26歳・会社員)

「遠距離が耐えられなかったから(半年で別れた)」(24歳・学生)

「遠距離恋愛に耐えられず、愛が重いという理由で振られました(半年で別れた)」(26歳・学生)

「好きな気持ちは距離なんかに負けない!」と思いたいところですが、現実は厳しいものです。会いたいときに会いに行けること、触れ合えることは大切なポイント。短命恋愛のサイクルから抜け出したいときには、現実的な距離にも気を配ってみてください。

■気持ちの落差

「はじめに盛り上がりすぎて、冷めてしまう(6カ月で別れた)」(24歳・会社員)

「彼が私のことを好き過ぎて逆に冷めてしまった(3カ月で別れた)」(25歳・会社員)

「気になっていたけど付き合ったらなぜか冷めてしまった(6日で別れた)」(18歳・学生)

付き合う前に気持ちが大きくなりすぎると、情熱が維持できないことも多いようです。もしかしたら、「付き合うこと」よりも「ゲットすること」が目的になっていたのかも? 付き合った先のことも、ごく自然に想像できるような相手を選ぶのがオススメですよ。

■こんな残念パターンも…

「相手が体目当てだったから(1週間で別れた)」(23歳・会社員)

「お泊まりを断ったら音信不通に……(1カ月で別れた)」(25歳・会社員)

女子たちにとって到底無視できないのが、カラダ目当ての男性たちです。もしもこんなタイプの男性に当たってしまったら、短命恋愛で終わったことに感謝するべきかも!? 「なかったこと」にして気持ちを切り替え、もっと素敵な男性を探しにいきましょう!

今回のアンケートで、もっとも短いお付き合い期間となったのは、わずか「半日」(!)という意見でした。「元カレ」としてカウントして良いものかどうか、判断に迷ってしまいます! 予測できない出来事で「思いがけず短命恋愛に終わってしまった」という女子も多くいますが、明らかに「短命恋愛体質」になっている女子もいると言えそう。みんなのエピソードから「長続きしない理由」を考察し、次こそは長続き恋愛ができるよう、頑張ってみてはいかがでしょうか。

 

GPSで居場所を把握…彼氏を監視する女子からの「恐怖LINE」3つ

CanCam.jp TOPへもどる

関連記事

Source: cancam