気温別おすすめコーデ|22度の服装20選

気温別おすすめコーデ|22度の服装20選
AD
目次

目次

気温22度のベストコーデを紹介!

気温22度の日、何を着たらいい? 最高気温22度、最低気温22度の日にぴったりのコーディネートを紹介します♡

【目次】
最高気温22度の服装
最低気温22度の服装

最高気温22度の服装


【1】半袖?長袖?そんな日はカーデ使いでコントロール

半袖と長袖を選ぶ境目。はおりものを駆使して温度調節を

Tシャツとデニムの王道コーデをありきたりに見せないポイントはふたつ。ひとつはデニムのシルエット。切りっぱなしの裾やストレートフィットなど、定番アイテムこそ旬のシルエットにするだけで印象が見違えます。太めのライン入りベルトで、さりげなくコーデを引き締めて。 もうひとつのポイントは、ズバリ小物使い。バッグやパンプスをきれい色&トレンド素材にシフトするだけで、雰囲気が一新します。ラベンダーカラーのパンプスと注目の網タイツソックスで、今年っぽい小物使いを心がけて。

★最高気温21度は半袖?長袖?服装はこれが正解!【今日のコーデ】

【2】デニムで甘さ控えめに♡大人顔のギンガムチェックstyle

デニムで甘さ控えめに♡大人こそ着たいギンガムチェックスタイル

1枚で存在感抜群のギンガムチェックのブラウス♡ トレンドのパフ袖とスタンドカラーのデザインで、スタイルが一気に旬顔へとアップデート。甘さ控えめに、ボーイッシュなデニムにインするのがおすすめです。アクセは大振りのものを選んで小顔効果を狙って。

★【今日のコーデ】水曜日にぴったりな春小物を見つけた♡

【3】ピンク×グリーンのトレンドカラーMIXスタイル

ビビットピンク×グリーンのトレンドカラーMIXスタイル

トレンドカラーのピンクは、甘くなりすぎないように切りっぱなしデニムに合わせてカジュアルに中和するのがコツ♡ トップスにはおちゃめなキャラクターTシャツを選んで、お出かけコーデを思いっきり満喫して。しっかり大人っぽさも加えたいから、足元はスニーカーではなくパンプスを選ぶのが正解です。存在感抜群のピンク×こっくりとしたグリーンは意外にも相性抜群◎。

★【今日のコーデ】トレンドのピンクとグリーンをMIXさせた春満喫コーデ

【4】花柄アイテムを合わせてMA-1を上品に着こなして♡

花柄アイテムを合わせてMA-1を上品に着こなして♡

MA-1はエレガントな花柄アイテムに合わせて大人っぽくまとめるのがおすすめ♡ 一見トップスとスカートが分かれて見えますが、実は一発でコーデが完成するワンピース。後ろにかけて下がるヘムデザインのスカートは、着るだけで美脚効果も狙えるデザインです! ワンピースのスカートとブルゾンをダークカラーで揃えたら、その他のアイテムは白で統一して軽やかに着こなして。

★【今日のコーデ】MA-1×花柄スカートの大人エレガントが気分♡

【5】デニムミニはサーモンピンクのジャケットで大人可愛く

デニムミニはサーモンピンクのジャケットで大人可愛く

ロゴT×デニムスカートのラフコーデをきれいめにシフトしてくれる、淡ピンクのジャケットが主役。少し長めのジャケットに合わせて、ボトムはミニスカートをチョイスして。シェイプされたジャケットとハイウエストのスカートでスタイルのよさをアピールしましょ!

★【今日のコーデ】ミニ丈ボトムは×ジャケットで大人っぽく♡

【6】旬の「フルーツ柄」を×タイトでレディにまとめて

トレンドの「フルーツ柄」をタイトスカートでレディにまとめて

コーデに柄を取り入れるならフルーツ柄がイチオシ♡ 子供っぽくなりすぎないように、黒やネイビーなどのダークトーンベースを選ぶのがポイントです。また、女性らしいタイトスカートを合わせるなど、ボトムのシルエットにもこだわると◎。コンパクトなカゴバッグを添えれば季節感もアップします。

★【今日のコーデ】春夏のトレンド「フルーツ柄」大人かわいい着こなし

【7】花柄ブラウスできれいめカジュアルを満喫

夏の空に映える花柄ブラウスできれいめカジュアルを満喫

白地×イエローの花柄ブラウスは、ゆるっとした抜襟シルエットやとろみ感のある素材で着心地も抜群♡ ボトムは、ネイビーのゆるパンツで大人っぽくまとめたら、足元には旬のグリーンをひと差し。コーデの鮮度がワンランクアップします★

★【今日のコーデ】どんなコーデにもぴったり。ケイト・スペードの名品バッグが万能!

【8】キレイめ美人なスカートコーデを堪能して♡

夏こそキレイめ!美人なスカートコーデを堪能♡

華やかなボタニカル柄も、モノトーンなら大人顔に♡ 膝丈のふんわりAラインシルエットなスカートは、コーデを上品かつエレガントに仕上げてくれる優秀アイテムです。鮮やかなブルーのニットは、表情を「今っぽく」見せてくれるこなれ色。モノトーンコーデのワンポイントにオススメです。

★【今日のコーデ】月曜こそきちんと見え!夏のキレイめな着こなし

【9】爽やかブルーできれいめシャツをカジュアルにシフト

爽やかブルーできれいめシャツをカジュアルにシフト</h3> <p>

定番の白シャツに、トレンドのショートパンツを合わせたコーディネート。オフィスシーンでも活躍する白シャツですが、リネン素材をセレクトすると、着回しがきくうえに暑い日でもさらりと着こなせます。ミニ丈のボトムは、ちょい長めの丈を選ぶのがポイント。足がキレイに見える&大人っぽく上品な印象に仕上がります。トレンド素材のPVCバッグやアンクルストラップのサンダルでトレンド感を投入すれば、コーデ全体がグッと今っぽく仕上がります。丸サングラスやストーンイヤリングなど、顔周りにも旬の小物を重ね盛りして華やかに♡

★【今日のコーデ】コスパ最強!雨の日にぴったりなGUアイテム

【10】女っぽパープルで、かわいいだけじゃない大人な私に♡

女っぽパープルで、かわいいだけじゃない大人な私に♡

こっくりとしたパープルは、秋らしさと色っぽさを両方GETできるオススメカラー。そんなパープルを、今っぽいボリューム袖のブラウスで取り入れれば、パッと目を引く印象的な着こなしが完成します。シンプルに黒や白の単色ボトムと合わせるのもいいけれど、より女度高めを狙うならマーメイドラインの水玉スカート合わせにチャレンジして!

CanCam2018年9月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/丸林広奈  ヘア&メーク/菊池かずみ  モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/石黒千晶

最低気温22度の服装


【1】トレンド素材のベロアオフショルで大人カジュアルに

肌触り抜群のベロアオフショルで叶えるカジュアルMIX

顔映り抜群のベージュのベロアオフショルで気分を上げて♡ ベロア素材をチョイスすれば、着慣れたベージュも鮮度がぐっとアップします。オフショルと袖のフリルが女の子らしさ満点なトップスは、デニム合わせでカジュアルダウンするのが好バランス。薄いカラーでコーデをまとめた日は、足元を黒で引き締めるとまとまりのあるスタイルが完成します。

★【今日のコーデ】これは使える!季節の変わり目にぴったりなトップスを発見

【2】刺繍×レーススカートでおしゃれ上級者の着こなしに

刺繍×レーススカートでおしゃれ上級者の着こなしに

レディな刺繍が印象的なスカートは、透け感のあるレース素材で色っぽかわいい雰囲気に。 一枚で主役級の存在感を放つ、この秋オススメのスカートです。刺繍の花柄とリンクさせてトップスにも赤を取り入れれば、統一感と華やかさがさらにアップ。 足元は、綺麗めのローファーでおしゃれなハズしを加えて。 シックな黒を選べば、秋っぽさをプラスするだけでなく全体の引き締め効果が期待できます♪

★【今日のコーデ】悶えるほどかわいい…!秋イチオシの透けレーススカート

【3】レトロ×セクシーな魅力が詰まった花柄ワンピースが主役

レトロ×セクシーな魅力が詰まった花柄ワンピースが主役のコーデ

暖かい陽気を満喫できそうな日は、ヴィンテージ感漂うロングワンピースをチョイス♡ いつもの花柄ワンピも、落ち着いた赤ベースならどこかレトロな雰囲気に。 絶妙なくるぶし丈のおかげで、女子っぽい花柄ワンピがぐっと上品に着こなせます。ローファーやかっちりバッグなど、小物もクラシカルなものを合わせてノスタルジックなかわいさを♡

★【今日のコーデ】残暑の日は、ちょっぴりセクシーなワンピーススタイルで♡

【4】流行色のパープルで、定番のデニムコーデを今っぽく♡

流行色のパープルで、定番のデニムコーデを今っぽく♡

天気予報がハズれることもなく…外はあいにくの雨。そんな日は、ニット×デニムの定番ワンツーコーデに、旬カラーを投入して気分をUP! ¥2,000以下のプチプラニットなら、流行色のパープルは初挑戦!そんな人にもオススメです。 防水スエード素材&滑り止め付きヒールがうれしい晴雨兼用パンプスは、”銀座かねまつ”の人気シリーズ。コルク風の太ヒールは、見た目がおしゃれなだけでなく、安定感があるので歩きやすいのもポイントです。水はねに悩まされない、クロップドデニム×撥水パンプスで、雨の日の足元ストレスも即解消。雨に濡れてもサッとふける、トレンドのクリアバッグをアクセントに♡涼しげな見た目もキュートです。

★【今日のコーデ】旬カラーのトップスで雨の週末もHAPPYに♡

【5】ストライプの大人ショーパンを×ブルーでmore爽やかに♪

ストライプの大人ショーパンを×ブルーでmore爽やかに♪

ショートパンツを大人っぽく着こなすには、全体のバランスがカギ。ラフなタンクトップを合わせるときは、カーディガンを肩がけにして露出を調節すればちょっぴり大人なショーパンコーデが完成します。仕上げはPVCバッグやブルー系のカラーをリンクさせて、清涼感をアピールして♡

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【6】レトロフラワーはちょっぴりシックに取り入れて♡

レトロフラワーはちょっぴりシックに取り入れて♡

永遠に好き♡な花柄は、小花×ダークトーンがシックな〝レトロフラワー〟をチョイス。ブラウンニットやベージュ小物など、全体を落ち着いた色味でまとめれば、落ち着きのある女性らしさがより引き立ちます。

CanCam2018年9月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/石黒千晶

【7】ニット×フレアスカートの定番コーデも旬のパープルで鮮度UP

ニット×フレアスカートの定番コーデも旬のパープルで鮮度UP

プレーンなパープルスカートは、ON・OFF使えて初心者さんも挑戦しやすい一枚。コンパクトニットを合わせてふわぴたシルエットを作れば、スタイルUPも狙えます。

CanCam2018年9月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【8】カジュアルなゆるTをレースガウチョでガーリーに変換♡

カジュアルなゆるTをレースガウチョでガーリーに変換♡

やわらかなパープルの甘さを引き立てる、総レースガウチョ。華やかな色味と高級感のあるレースのおかげで、白Tを合わせた簡単なワンツーコーデもこんなにおしゃれに見えるんです♪

CanCam2018年9月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/丸林広奈  ヘア&メーク/菊池かずみ  モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/石黒千晶

【9】人気継続中のギンガムチェックはブルーMIXで新鮮に

人気継続中のギンガムチェックはブルーMIXで新鮮な印象に

白×黒のベーシックなギンガムチェックに、ブルーのラインを効かせたクラシカルな一枚。すそにかけて広がるシルエットも、ちょっぴりレトロで今旬です♡ トップスは、ラベンダーのTシャツを合わせて大人な色遊びを楽しんで♡

CanCam2018年9月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/室橋佑紀(ROI) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/石黒千晶

【10】デニムワンピ×白Tはタイトシルエットで女っぽく!

デニムワンピ×白Tはタイトシルエットで女っぽさもキープ

デニムワンピなら、ロングシーズン使える&落ち着きのあるインディゴカラーが狙い目! さらに足元はヒール靴をセレクトして、女性らしさをダメ押し♡

CanCam2018年9月号より 撮影/須江隆治(See/) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ  モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/石黒千晶

関連記事

Source: cancam