ジグザグ塗りがポイント!ピュアっぽチークの入れ方【変身メイク】

ジグザグ塗りがポイント!ピュアっぽチークの入れ方【変身メイク】
AD

ピュアさを演出するチークの塗り方【ヘア&メイクBEFORE→AFTER】


『CanCam』で連載している「月刊 CanCam it girl」。新メンバーに選ばれた読者モデルを、プロのヘアメイクによる華麗なテクニックで変身させちゃいます!

今回ヘアメイクを担当するのは、大人気のヘア&メイクの河嶋希さん。その人が持つ本来の美しさを引き出すメイクはもちろん、ワンランク上の愛されフェイスを表現。論理に基づいたメイクテクニックで女の子をかわいく大変身させます!

【Before】

パーツはしっかりしているものの、どこか力の抜けた印象。ハンサムな顔立ちをどう変身させる?

美人なハンサム顔の彼女はちょっとした色味のニュアンスを変えるだけで、やわらかい印象に。今回は、チークにポイントにおいた愛されメイクを提案します(河嶋さん)

ピュアさを演出してくれるチークテクニックは必見。早速プロセスをチェック!

STEP① 眉マスカラでワントーン明るくする

眉マスカラをサッとのせてワントーンアップ。

最近は眉をしっかりと描く時代ですが、今回はあえて眉マスカラのみでニュンアスだけをチェンジしました。ハンサム顔さんは、眉をしっかり描くと強すぎる印象にも。眉がしっかりしている方は、眉マスカラのみで仕上げてがんばりすぎないメイクを(河嶋さん)

STEP② チークはジグザグ塗りであえてラフに

小さめのブラシを使って、口角上あたりまで広めにジグザグとラフに塗ります。

チークは丸めにジグザグと広くいれてやわらかさを演出。コーラルカラーを使用することで元々肌の血色感を底上げしてくれます。自然と頬を赤らめているようなピュアさがかわいい!(河嶋さん)

STEP③ 目頭にキラキラシャドウをトッピング

ザクザクの大粒ラメを目頭のくの字の部分にのせる。涙袋全体に塗らないように注意。

クリッとした目を生かして、目頭に大粒のラメをちょこんとのせました。うるんだ瞳に見せてくれるだけでなく、立体感を引き出して光を集める効果が。涙袋って太いので、目頭にラメがあるだけで延長が見えてきます。涙袋全体に塗らなくても、「ここにもあるだろう」って延長感を演出して!(河嶋さん)

【After】

ウブなピュアさを感じる愛されメイクの完成♡

元々のパーツがしっかりしたハンサム顔な彼女には、ジグザグ塗りしたチークでふっくらと演出。血色感を底上げしたピュアな愛らしさを表現しました。こういったお顔立ちの方は、メイク全体をナチュラルに仕上げてしまうと、ハンサムな顔立ちがかえって目立ってしまう場合も。なので、眉をワントーンあげたり、チークも広めにいれることで全体的に色味のニュアンスをチェンジしました。

小さくいれた目頭のキラキラにもポイントが。一般的にハイライトって、Cゾーンや鼻筋にがっつりと入れてしまいがちですが、今回はあえて小さめにオン。でもその分、目頭のキラキラを大胆にのせました。この光の効果で目がきゅるんとして見える♡ 全方位からモテちゃうこと間違いなし!(河嶋さん)

【今回使用した劇的チェンジアイテム】

左から、インテグレート ニュンスアイブローマスカラ BR774、ルナソル カラーリングシアーチークス EX03 ライトピーチ、オンリーミネラル ミネラルピグメント ダイヤモンドグリッター

愛され確実♡ピュアっぽメイクはデートの日にもおすすめ♡ ぜひ実践してみて。

カメラマン/北浦敦子 ヘア&メーク/河嶋希 モデル/野村彩也子 構成/時吉茜 WEB構成/齋藤奈々

★モーヴピンクを使った「抜け感メイク」の作り方【変身メイク】

関連記事

Source: cancam