男性が苦手な人必見! 男嫌いになる原因と克服する方法

男性が苦手な人必見! 男嫌いになる原因と克服する方法
AD

まわりが恋愛話で盛り上がっているのに、どうしてもその輪に入れない。男性に対する苦手意識が強く、恋愛にも抵抗がある女性もいるでしょう。男性とうまく話せずつい避けてしまうことで、人間関係に難しさを覚えている女性もいるかもしれません。「男嫌い」はなぜ起こるのでしょうか。男性嫌いな女性の原因や特徴について、興味がある人も多いはず。また、「男嫌いを克服したい!」と思っている女性は、どのようにすれば男性嫌いをなおせるのか悩んでいるかもしれません。心理コーディネーターの織田隼人さんが、その疑問に答えてくれます。

■男嫌いの特徴や原因とは?

男性嫌いという女性にはどのような特徴があるのでしょか。苦手に感じる原因についても、あわせて解説します。特徴や原因を知ることが、男性嫌いを克服する第一歩となるでしょう。

◇男嫌いかどうかチェック! あてはまる特徴は?

☆男性という生物そのものが苦手

個別にどの男性が好き嫌いという話ではなく、男性という生物そのものを苦手に感じています。男性を個別に認識することなく、一種の偏見も含めて男性全体を嫌いになっているのです。そもそも「男性一人ひとりをしっかり見ていこう」という考えもあまりない傾向が。

☆男性に関するネガティブな情報を信じている

友だちとの相談やSNS、ネットなどにおいて、たびたび耳にするのが男性に関するネガティブな情報。女性の中には、それをそのまま鵜呑みにしてしまう人も。たとえば友だちの相談などであれば、実はただ愚痴を言っているだけのこともあるのですが、その愚痴を額面通り受けとってしまいます。たとえ愚痴を言った友だちが愚痴を言い終えてすっきりし、結局は悪く言っていた男性と仲直りしていたとしても、聞いた側は素直に話を受けとめているため、男性に対するマイナスの印象がそのまま強く残ってしまうのです。SNSやネットでも「男性がいかにくだらないか」という話を読んで、それを真に受けて男性に対する不信感をどんどんつのらせていることも。

☆「女性としての自分」をあまり受け入れたくないから

自分自身が「女性としての自分」をあまり受け入れたくない場合も、男性嫌いになることが。人間としては男女共通の自由を得る権利があります。しかし、社会的に求められる女性の役割を押しつけられる場合もまだまだあるかもしれません。そして、それを強いられたときに不自由さを感じることがあるでしょう。その生物としての女性の役割にしばられたくないという気持ちが、男性嫌いにつながることもあります。

☆男性から性的な目で見られるのが苦手

男性から性的な目で見られるのが気になったり、苦手に感じていたりする女性も男性嫌いになることがあります。女性は性的な目で見られると、不快と感じることもあるでしょう。それを積み重ねていくとどんどん男性のことが苦手になり、距離を置きたいという気持ちになってしまうのです。

☆いつも女性とばかり行動している

男性とはあまり一緒に行動せず、女性とばかり行動をしていると男性に対する免疫が減ってきてしまいます。慣れていない相手と接すると、どうしても緊張してしまうもの。緊張する相手と接すると疲れてしまうので、結局疲れないようにどんどん苦手な相手とは距離をとってしまうのです。いつも女性とばかり行動していると、男性と近づいて話すだけでも疲れたり面倒になったりしてしまう傾向が。最初は「ちょっと面倒」くらいに思っていただけなのに、次第にその気持ちが大きくなり男性が嫌いになってしまうこともあります。

◇トラウマが関係? 男嫌いになってしまう原因

☆男性と触れあう機会が少なかった

小さいころや思春期に男性と触れあう機会がないと、男性の考え方や行動原理などを理解しないまま育っていることが多いです。相手の考え方や行動原理がわからないので、自分の想定外のことが起こり、想定外の対処が必要なので疲れてしまいます。「疲れる相手とは接したくない」と感じるのはあたりまえのこと。ゆえに距離をとるようになり、ますます男性嫌いになっていくのでしょう。

☆過去にセクハラや痴漢をされるなど、性的な嫌がらせを受けた

過去に痴漢をされたりセクハラを受けたりするなど、性的な面で男性に嫌な思いをさせられたことがある女性は、男性が苦手になっているケースが多いもの。物理的に触られることはもちろん、傷つくことを言われたり、胸をジロジロ見られたりしたという経験だけでも男性を嫌いになってしまうことがあります。

☆恋人などに過去にひどい仕打ちを受けた

恋人との付き合いでひどい扱いを受けたり、ひどいフラれ方をしたりした場合も、その心理的ショックから男性嫌いになってしまうことが。男性から過去に受けたひどい仕打ちが、男性嫌いへつながってしまうのです。

☆父親と良好な関係を築けなかった

多くの場合、女性にとって一番身近な男性は父親。その父親と良好な関係が築けなかった場合、男性不信に陥ることがあります。これは父親だけが悪いとは限らず、母親が原因で父子関係がうまくいかない場合もあるでしょう。どちらにしても父親との良好な関係が築けず、一番身近な男性である父親を苦手になった結果、他の男性も苦手になったり嫌いになったりするというケースがあるのです。

■男嫌いをなおしたい! 克服方法

男性が嫌いになる原因には、男性に関する過去の嫌な思い出が関係しているようです。ですが、男性嫌いを克服する方法はあります。気持ちの持ちようや行動によって、男性嫌いは徐々になおるでしょう。あわせて、男性嫌いの女性が恋人を作るための方法についても解説します。

◇男嫌いの克服方法

☆男と考えるのではなく、人として相手を見て会話する

男というレッテルを男性全体に貼るのではなく、どの男性も一人ひとり個性がある人だと思って会話をするようにしましょう。女性を性的な目で見る男性もいれば、性的な目で見てこない男性もいるはず。いろいろな男性がいるので、とにかくしゃべってみて怖くない男性から馴染んでいくことが大切です。

☆おじいちゃんや男の子を話し相手にする

男性でも、いわゆる「性的なもの」をあまり感じさせない人と会話してみてはどうでしょうか? たとえば、近所のおじいちゃんや、親戚の小さな男の子など。まずは怖くない男性との会話に慣れて、そこから男性に対する苦手意識を徐々に消していくとよいでしょう。

☆集団で男性と話す機会を作る

1対1で男性としゃべるとどうしても面倒なことも起きやすく、苦手意識も強くなりやすいもの。まずはグループで男性と話せる機会を作りましょう。男性が複数いるようなビジネススクールに通ったり、資格の勉強をしたりするなどしてみるとよいですね。集団で接すると危険も減りますし、守ってくれる人も周りに現れやすいでしょう。そういう環境であれば、自分が接しやすい男性を選びやすくなります。

◇男嫌いでも彼氏がほしい! 恋人を作る方法

男性が嫌いな女性が彼を作るには、多くの出会いが必要。というのも、男性が苦手な女性は、まず「接しても大丈夫な男性」を探さなければならないからです。しかも「大丈夫な男性」かどうかを確かめるには時間がかかります。合コンなどは出会ってから2~3時間ほどで終わってしまうので、「大丈夫な男性」なのかどうかの判定はできません。できれば、グループで同じ人と何度も会える場所に行くとよいでしょう。勉強会や社会人サークル、ボランティア現場や職場など、何度も同じ人と会う場所に行くのです。もしもそこによい出会いがなければ、他に出会う機会をつくってみてください。「大丈夫な男性」が見つかれば、そこから恋に発展するようにデートに誘うなどしてみましょう。

■【番外編】男嫌いの女性でも男性に好かれる?

男性嫌いの女性は、恋愛に対してもコンプレックスを抱いている場合があるのではないでしょうか。男嫌いの女性を、男性たちはどのように見ているのか、気になる男性の心理を説明します。

◇「男性が苦手」くらいならモテることも

男嫌いの女性は男性にモテにくい傾向が。男性を避けたり、男性のことを見下したりしてしまうからです。ただ、だからといって男性に受け入れられないわけではなく、よいところもあります。男性の目には、男嫌いの女性は「身持ちが堅い、浮気をしづらい女性」と見えるでしょう。「男嫌い」というのを前面に出すのではなく「男性がちょっと苦手」くらいの雰囲気で過ごすと、むしろ普通の女性よりもモテやすいことも。

◇がんばって男性と話す姿が好印象に

男性が苦手なのにがんばって男性としゃべっているのを見ると、相手にがんばっていることも伝わります。そうすると、そこから印象もよくなることが多いのです。苦手意識があるのは仕方がないこと。それを克服する努力が見えるのはとてもよいことですので、恋をしたい場合には男性が苦手な自分を克服するようにちょっとずつ男性との会話に慣れ、男性との会話を楽しんでいきましょう。

■男嫌いはなおる! 克服したいと思ったら

男性が嫌いで「一生男とはかかわらずに生きていく!」と決意しているなら別ですが、中には男性に興味があるのにうまく接することができなかったり、男性と接することができないために人間関係がうまくいかなかったりして悩む女性もいるでしょう。男性嫌いの原因が何にしろ、誰にでも苦手なものはあるもの。苦手なこと自体を悲観せずに、苦手を克服するために前進してみては? 男性が苦手なのに懸命に話をしようとがんばるあなたの姿は、きっと好印象に映るはず。また、「男性」というくくりで決めつけず、その人個人を見ることも大切。その中にはきっとあなたが話しやすいと感じる「大丈夫な男性」もいるでしょう。「大丈夫な男性」を見つけるためにはたくさんの出会いが必要です。出会いを求めるついでに、資格勉強やサークルなど、いろいろなことに挑戦するのもよいですね。

(文:織田隼人、構成:Kaoru Sawa)

※画像はイメージです

Source: マイナビウーマン