ソフレならぬ、キスフレってなに!?キスだけで止まるの!?衝撃の「キスフレンド」事情

ソフレならぬ、キスフレってなに!?キスだけで止まるの!?衝撃の「キスフレンド」事情
AD

キスだけで止まるの!?衝撃の「キスフレンド」事情


本格的に恋愛するのはちょっと面倒だけど……異性の温もりをもっと手軽に感じたい! こんな女子たちを中心に、近年人気が高まっているのがキスフレンド、通称「キスフレ」です。その名のとおり「キスするだけ」の友だちですが、お互いの心を癒す存在なのかもしれませんね。こんなキスフレについて、女子たちの認知度と、経験エピソードを聞いてみました。「ちょっと気になる!」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

キスフレンド

Q.キスフレって言葉知っていますか?

キスフレって言葉知っていますか?グラフ

知っている 40%
知らない  60%

Q.キスフレンドはいますか?

キスフレンドはいますか?グラフ

いる  1%
いない 99%

「キスフレ」という言葉を聞いたことがある女子は全体の4割ですが、「実際にいる」と回答したのは、わずか1%という結果になりました。女子たちにとって、まだまだ縁遠い世界だと言えそうです。

では少し視点を変えて、こんな質問もしてみました。

Q.キスフレンドはほしいですか?

キスフレンド

ほしい   10%
ほしくない 90%

これから先、キスフレンドがほしいかどうかについてですが、「ほしい」と答えた女子は、全体の1割に留まる結果となりました。ほしい理由、ほしくない理由についても教えてもらいましょう。

【キスフレがほしいと思う女子の理由】

■寂しさを紛らわすために

「今彼氏がいないので、ちょっと興味がある」(29歳・会社員)

「セフレより安全な気がする。寂しさが紛れそう」(23歳・会社員)

なんとなく人恋しい季節だけど、恋愛するためにはパワーが必要。さらにタイミングだって重要です。「キスだけ」で女性を満たしてくれるキスフレがいれば、焦る気持ちともうまく折り合いが付けられるのかもしれません。セフレよりもキスフレの方が……と比較する意見もありました。

■ドキドキ感が欲しい!

「夫とはもうドキドキしないので、キスだけで終わるのなら許されるのではと思ってしまう」(34歳・会社員)

本来であれば、キスはドキドキしながら楽しむもの! しかしパートナーが限定される状況では、徐々に「慣れ」が出てしまうのも事実です。手っ取り早くドキドキ感を味わいたいときには、キスフレは非常に便利な存在だと言えそうです。

では次に、「キスフレはほしくない」とする多数派女子たちの意見です。

【キスフレはほしくないと思う女子の理由】

■普通の恋愛で充分

「今の彼氏との相性が凄くいいから」(25歳・会社員)

「普通に恋愛したい」(38歳・会社員)

「彼氏がいれば充分だから」(22歳・アルバイト)

キスフレなんかいなくても、ドキドキしながらキスを楽しめる相手がいれば、それで十分事足ります。それが「彼氏」であれば、何も言うことはありません。あえて危険な橋を渡る必要はないでしょう。

■「キス」に抵抗がある……

「キスだけしたいとは思わない」(42歳・会社員)

「意味がわからない」(38歳・会社員)

「付き合ってないのにキスするのは気持ち悪い」(32歳・会社員)

他者と唇を合わせるキスですが、冷静に考えると、ちょっと抵抗がありますよね。その「壁」を乗り越えられるのは、相手のことが好きだからこそ! キスだけのキスフレでは不十分!と考える女子も多いようです。

■キスだけでは満足できない!?

「キスまでならそれ以上になってほしい」(20歳・会社員)

「それだけじゃ済まなくなってしまいそうだから」(25歳・会社員)

「キスだけしても意味がない」(38歳・専業主婦)

キスだけで終わる関係がキスフレの特徴なのですが、本当にキスだけで済むものなのかどうか……少し疑問も残ります。そのままズルズルと肉体関係にまで発展してしまえば、後悔の念も募ってしまいそうですよ。

キスフレに対する女子たちの認識はいかがでしたか? 「実際にいる」「ほしい」という女子もいるものの、大多数の方にとってはまだまだ縁遠い存在だと言えるでしょう。「キスで癒されたいな」と思ったときにも、ぜひ慎重に検討してみてくださいね。(あい)

 

★付き合う前にキスしちゃった女子たちのシチュエーションを聞いてみた

>CanCam.jp TOPへ戻る

関連記事

Source: cancam