ヤバい…けどあるある!就活を始めたばかりの大学生がやりがちなミス5つ!

ヤバい…けどあるある!就活を始めたばかりの大学生がやりがちなミス5つ!
AD

ヤバい…けどあるある!就活を始めたばかりの大学生がやりがちなミス5つ!


就職活動

秋冬のインターンの予定が近づき、多くの大学3年生の頭には「就活」の2文字が浮かぶようになってきたのではないでしょうか。まだまだ就活に対して不安や分からないことばかりという人も多いはず。はじめは、知らないうちにミスをしてしまい落ち込んでしまった……なんてこともあるかもしれません。

そこで今回は昨年就活をした経験から、就活を始めたばかりの学生がやりがちなミスを集めてみました。私の失敗を参考にしてみてください!

◆説明会や面接を無断でドタキャン!

就活を終えた今なら分かる、絶対にやってはいけないことランキングナンバーワンです(笑)。説明会ならまだしも(ダメですが)、面接の無断欠席は絶対にしない方がいいです。企業は就活生ひとりのために時間を空けてくれているのですから、無断で欠席することは面接の時間を設けてくれた企業に失礼……。

どうしても参加できないときは絶対に事前に連絡を入れましょう。誠心誠意事情を説明すれば企業側も配慮してくれるはずです。「この企業は受けないから!」「電話イヤだな~!」と思っても、社会人になってから関わることがあるかもしれないし、なにより目上の人と話す練習になるので勇気を出して連絡を入れることをオススメします。

◆御社と貴社を間違えた!

これは就活序盤誰、やってしまったことがあるという人も多いのではないでしょうか? 相手の会社を指すときに、話し言葉では「御社」、書き言葉では「貴社」を使います。

就活を始めたばかりの時は使い分けができず、エントリーシートに「御社」と書いて出してしまったという人が多いようでした。

間違えないことが一番なのですが、それより大切なことは間違えても落ち込みすぎないことだと思います。次から気を付ければいいし、「御社」と「貴社」の間違いに限らず誤字脱字をしてしまっても面接に呼んでくれる企業は沢山ありました。誤字脱字という一度のミスで落とさずに、就活生をしっかり見てくれる企業の方が意外と多いのかもしれませんね。

>>「貴社」と「御社」の違いって何?就活生の7割が正解!

◆道に迷って大遅刻!

オフィス街には似たようなビルが沢山あります。駅から直結だから安心!と思って到着しても、駅直結のビルがいくつもあって迷ってしまった……。という失敗や、普段訪れない慣れない場所で「会社にたどり着けず説明会に参加できなかった」なんて失敗をした友達も。

また、「15分前に必ず到着してください」という指定を知らず、時間に余裕をもって到着したつもりだったのに、実はギリギリで冷や汗をかいたこともありました。

早く集合しすぎると企業側にも迷惑が掛かってしまいますが、十分に時間に余裕を持つことは重要! 面接で話す内容を確認する時間が生まれるだけでなく、社員の方と話す機会ができたり、心に余裕も生まれます。

◆服装自由の説明会に私服で参加したら周りがみんなスーツ!

これはよく聞く話です。逆に無難にスーツで行ったら私服ばっかりだったなんてことも! 服装自由のときの説明会やインターンの服装については就活生のなかでもさまざまな議論があります。服装自由の後の注意書き(私服での参加をお勧めします・私服で結構です・スーツでなくても構いません、など)から会社の意図を読み取っていました。

また、この会社に入ったらどんな格好で通勤するのか考えて参加するのオススメです。服装自由でも、相手の会社にかっちりした格好で働いている人が多ければそれに合わせるのがベター! ラフな雰囲気な会社で服装自由と言われば私服のほうがいい場合が多いです。あまり考えすぎずなにより自分が落ち着ける格好で参加するのが一番です。

◆そもそも何をやっていいか分からないから何もやらない

「先輩はたくさん遊んでおけって言うし!」、「何をすればいいのかわからないし!」と何かと理由をつけて何もやらないのが一番よくないことだと思います。知り合いの先輩の話を聞いたり、友達の話をきいたり、とにかく説明会に参加したりしてみるのもひとつの手です! 先延ばしにする私は、気づいたときには企業のインターンの応募がすべて締め切りで焦りました(笑)。

今回は就活を始めたばかりの就活生がやりがちなミスを挙げてみました! もうすでにやってしまったなんて人も、もしかしたらいるかもしれません。でも就活を経験してみて、ミスをしたことよりその後どう対処するかが重要だと感じました。先輩たちの失敗がt就活生に活きれば幸いです!(Riri)

☆ヤバい…けどあるある!就活を始めたばかりの大学生がやりがちなミス5つ!

>>CanCam.jp TOPへ戻る

関連記事

Source: cancam