男性が「純粋な女性」と恋愛や結婚をしたがる理由

男性が「純粋な女性」と恋愛や結婚をしたがる理由
AD

「純粋な女性が好きなんだよね」「純粋な人と結婚したい」

もし婚活や恋活で出会った人がこのような理想を口にしたら、どうすればよいのでしょうか。男性が考える「純粋な女性」とは何か、なぜ「純粋な女性」を求めるのかについて、分析妖怪ぱぷりこが解説します。

■男性がイメージする「純粋な女性」とは

男性がイメージする「純粋な女性」とは、具体的にどのような人を指すのでしょうか? マイナビウーマンが22~39歳の男性にとったアンケート結果では、下記のような特徴が挙げられています。

◇男性がイメージする「純粋な女性」の特徴

☆感受性が豊か

・「以前つきあっていた子に告白したとき、うれしくて泣いていました。すごく純粋な子だなと思ってうれしかったです」(30歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「童話などに感動する」(30歳/金融・証券/専門職)

☆経験が少なめ

・「男性経験が少なくおしとやか」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「キスするときにちょっと恥ずかしがる子」(32歳/金融・証券/専門職)

☆素直に喜ぶ

・「どんな料理にでも、『おいしい~』って言ってうれしそうに食べる子を見たとき」(31歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「景色のきれいなところに連れて行くと無邪気に喜ぶ」(31歳/商社・卸/事務系専門職)

☆俺の言うことを信じやすい

・「冗談でほかの女の子をすごく褒めたら、本気で心配して落ち込んでたこと」(29歳/自動車関連/営業職)

・「軽いウソを言ったときに本当に信じちゃって、慌てて『ウソだよ』と言ったら、顔を真っ赤にして恥ずかしがっていた子がいた」(31歳/小売店/事務系専門職)

☆小さいものを愛する

・「動物を見て『かわいい』と言葉が自然に出てきたとき」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「子どもを見て『かわいいなぁ』とボソッとつぶやいた」(22歳/機械・精密機器/営業職)

◇男性が言う「純粋な女性」の正体

上記5つの「純粋な女性」像は、2パターンに分類できます。

☆1.ポジティブな感情をよく出す

「感動しやすい」「小さいものを愛する」「素直に喜ぶ」の共通点は、「ポジティブな感情をよく出す」ことです。感動して泣く、愛着を示す、喜ぶ、などはどれも「ポジティブな感情」です。このように、自分の感情を素直に出す女性は実際にいます。

ただ、このようなポジティブ感情をよく出す人は、ネガティブな感情もよく出す傾向にあります。ちょっと嫌なことがあるとすぐ不機嫌になったり、泣き出したり、怒る時は「とにかく謝って!」と激怒して聞く耳を持たなかったり。喜怒哀楽すべての感情をまんべんなくよく出します。

大人になればなるほど、空気を読んだり忖度したりして、素直に感情表現をしなくなっていくものですが、このタイプの女性は、「空気や忖度などの不純物を混ぜることなく、あるがまま”純粋”に自分の感情を発露する」人たちです。感情のコントロールをしにくい子どもを想像してみるとわかりやすいでしょう。子どもと同じように素直に感情を出すことを「純粋」と呼ぶのだとしたら、嫌なこと(おもちゃを買ってくれない、ジュースを飲ませてくれないなど)にも素直な感情を出して、ダダをこねて怒りを表明するはずです。確かに彼女たちの感情表現は魅力的ですが、一方で彼女たちに振り回されて疲れることも多々あります。

ただ、男性が考える「純粋な子」像はあくまで「喜怒哀楽」のうち「喜楽」のみにフォーカスしていて、「怒哀」については考慮していないように見えます。もし「ポジティブな感情」のみを出す人がいたら、その場合は、計算して見せ方をコントロールしている可能性が高いです。感情をコントロールできること自体は問題ではないですが、実際は計算高いため、男性が言う「純粋な子」ではありません。

☆2.経験と知識が一般より少ない

「経験が少なめ」「俺の言うことを信じやすい」の共通点は、「経験と知識が一般平均より少ない」ことです。特にアンケート結果では、「異性交友の経験が少ない」「人を信じやすくても問題ない温室で育てられてきたお嬢様」を求めている男性の心理が浮かび上がっています。

異性経験が少ない女性は実在しますが、偽物も多くいます。育ってきた環境によっては、異性の知識や経験がないことはよくあります。たとえば、幼稚園から大学まで女子校育ちの女性がリアル男性の生態を知らず交際経験も少ない、共学だが親が男女交際に厳しかった、理想が高くてお付き合いに至る人がいなかった、などです。

一方で、このようなバックグラウンドがないにもかかわらず、異性経験が少ない様子を見せるなら、「演技」である可能性が高いです。そもそも、モテる女性ほど、世間に公表している交際経験と、実際の交際経験に大幅なズレがあります。お付き合い未満の体の関係、不倫、二股などを一切カウントせず、歴代彼氏の人数に「×0.3〜0.7(端数切り捨て)」をして申告している女性も少なくありません。しかし、彼女たちのようなツワモノは、「経験がないふり」と情報統制が上手なので、男性が考える「純粋な女性」像を演じられます。

「俺の言うことを信じやすい」については、人に騙される心配がなく育ってきた温室育ちのお嬢様ならありえます。一方で、人を信じやすい環境で育ってきたバックグラウンドがない場合、こちらも「異性交友が少ない」と同様に演技の可能性が高いです。

■なぜ男性は「純粋な女性」と恋愛や結婚したいのか

なぜ「純粋な女性」を好むのでしょうか? 理由は、光属性バージョンと闇属性バージョンの2つがあります。

◇光属性バージョンの理由

まず光属性の理由としては、人間は虫と同じで明るい場所と人を好むからです。これは男女問わず共通する心理で、「この人と一緒にいると楽しそうだ」と明るい未来を描ける時に、人は恋愛感情を抱きます。

◇闇属性バージョンの理由

「未来が楽しそう」という光属性の気持ち以外で、「純粋な女性」を求める闇属性の人たちもいます。彼らは「純粋な女性を自分のために利用」しようとします。

これまで見てきたように、「純粋な女性」は、人に騙されやすく、利用されやすい性質を持っています。「男としての自分に自信がなく、恋愛経験がないことがコンプレックスだから、経験がない女性と付き合うことで、自分のコンプレックスを解消したい」「純粋な女性と付き合うことで、汚れちまった自分を清めたい」「自分の思いどおりに女性を支配したい」といった自己中心的な欲望を持っている人は、利用しやすい「純粋な女性」を求めがちです。

■「純粋な女性が好き」という男性の特徴

「純粋な女性が好き」という男性には、下記の特徴があります。

◇純粋じゃない

そもそも理想を語る時に「純粋な人がいい」という人自身は、純粋ではありません。純粋な人は、そもそも人を「純粋な人・純粋でない人」と区別せず、「人類はみんな自分と同じように善良だ」と思っています。「皆いい人だよね〜」で済ませるのが純粋な人です。「純粋な人がいい」と求めている時点で、純粋ではありません。

◇ポジティブな恋愛をしたい

「感動しやすい」「小さいものを愛する」「素直に喜ぶ」など、ポジティブ感情を求めている場合、「楽しい恋愛をしたい」「ポジティブな気持ちを恋愛で味わいたい」と望んでいる可能性があります。この願い自体はまったく悪くないのですが、現実にはお付き合いしていれば、ポジティブな面もネガティブな面も出てきます。このときに、ネガティブな面を「純粋じゃない」と切り捨てるタイプだと危ないです。

◇男としての自分に自信がない

「純粋な女性」を「交際経験が少ない」という意味で使っている場合、男女交際の経験がないことを男性自身がコンプレックスに思っている可能性があります。「男としての自分」に自信がない人は、ほかの男と比べられることを嫌います。比べられて自信喪失してきたので、これ以上は自信喪失したくないからです。交際経験が豊富な女性と付き合った場合、「過去の男と比べられているのでは」「過去の男のほうがよかったのでは」とコンプレックスが刺激されてしまうので、比べる対象がいない女性を求めるようになります。彼らは「男としてのコンプレックスを刺激されたくない」という気持ちを、「純粋な女性がいい」というキレイな言葉に言い換えています。

◇支配欲が強い

「純粋な女性」を「交際経験が少ない」「自分の言うことをすぐに信じる」という意味で使っている場合、「まっさらな女性を自分の色に染め上げたい」「自分の理想どおりにしたい」という支配欲がある可能性があります。『源氏物語』で、源氏の君が紫の上に抱いた感情のようなものです。「軽い冗談を信じてからかうのが楽しい」レベルならいいですが、「自分の言うとおりにさせて、自分の理想の女にしたい」レベルの場合、付き合うとモラハラになる可能性があります。

◇女性に夢を見すぎている

「感情表現が素直(ただしポジティブな感情に限る)」な女性を求めている場合、女性を「優しくて自分にポジティブな感情を与えてくれる存在」と女神化している可能性があります。「女神はウ○コをしない」に近い感情です。恋愛経験が少なかったり、女友だちがほとんどいなかったりなど、リアル女性を知る機会が少ない場合、どうしても「女神ファンタジー」を抱きがち。しかし、「経験がない人は夢見がちで気持ち悪い!」と思うのは早計です。経験が少ない人よりも、それなりに恋愛経験があるにもかかわらず「純粋な女性がいい」と言う人のほうが危ないです。現実の女性と交際した経験があるにもかかわらず「もっと美しい心の持ち主がいるはずだ」と夢を見続けて、幻獣ハンターのように探し求めているからです。100人以上の女性と体の関係を持ちながらも「純粋な女性がいい」という遊び人がいますが、わりと本気で手におえません。

☆女性に救われたい

「女性に夢を見ている」と似ていますが、さらに踏み込んで「純粋な女性に救われたい」という願望を持っている人もいます。「自分が持っていないものを他人に求め、同化したがる」欲望は恋愛感情の基本なので、それ自体は悪いことではありませんが、「純粋な人がいい、なぜなら自分にないものを持っているから」という人と付き合うことが、女性にとっていいのかは議論する余地があります。

■男性に「純粋な女性が好き」と言われたら

男性に「純粋な女性が好き」と言われたら、「純粋な女性って、たとえばどういう人?」と、具体的な内容を聞き出しましょう。これまで見てきたとおり、「純粋な女性」という単語からイメージする女性像は人によって違うからです。

「ポジティブな感情を素直に出せる人」という意味なら特に問題ないですが、「交際経験が少ない」「自分の言うことを信じやすい」という意味で使っている場合はリスクがあります。交際経験が少ない女性を求める男性は、だいたい女性に夢を見がちですし、自分のファンタジーと現実がずれたときにすぐ別れようとするか、モラハラ化する可能性があります。現実を知ってもちゃんと受け入れられる度量があるか、きちんと見極める必要があるでしょう。「自分の言うことを信じやすい」も同様で、女性を対等な存在と見なしていない可能性があります。支配的なタイプが好きなら問題ないですが、きちんと対等な関係を望む場合は、別の人を探したほうが無難です。

■「純粋な女性」を求める男性はファンタジー脳の可能性大

男女問わず、人にはポジティブな部分とネガティブな部分、純粋な部分と不純な部分があります。清濁併せ呑んだ存在が人間です。こうした現実があるにもかかわらず「純粋な女性がいい」とキレイな部分だけを切り出す人は、リアルの女性を知らないか、知っていても拒否して「伝説の女神」を求めているかであり、どちらにせよ「眼の前のリアルな人間」に目を向けず、自分の理想を追っているだけの「ファンタジー脳パーソン」である可能性が高いです。

男性たちの理想に合わせて「純粋な人」になろうとすることは避けたほうがいいです。現実をあまり知らない人のファンタジーにつきあって自分を押し込めることは、想像以上の苦痛と心身のダメージを伴います。「どういう女性が純粋だと思うか」を具体的にヒアリングしたうえで、少しでもファンタジー要素を感じたら、距離を置いて付き合うことをおすすめします。

(ぱぷりこ)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2014年9月にWebアンケート。有効回答数100件。22歳~39歳の社会人男性

Source: マイナビウーマン