第3次ブーム到来!2000軒の韓国料理店を食べ歩いたライターが厳選した“新大久保グルメ”

第3次ブーム到来!2000軒の韓国料理店を食べ歩いたライターが厳選した“新大久保グルメ”
AD

第3次ブームが到来している“韓国”。11月13日放送の『マツコの知らない世界』(TBS系・毎週火曜20時57分)では、2000軒の韓国料理店を食べ歩いたというライターの八田靖史さんが、マツコ・デラックスさん相手に「新大久保グルメの世界」を語りつくします。

(C)TBS

日常にこそ潜む興味深いマツコさんも“知らない世界”を、その道を愛してやまないスペシャリストが紹介していく『マツコの知らない世界』。個性あふれる人物たちがマツコさんに熱く語りつくす、独特の世界観が人気を集めています。

第1次韓流ブームに沸いた2004年。ドラマ『冬のソナタ』で主人公たちが食べていたサムギョプサルが大ヒット! 東京の新大久保にファンが押し寄せ、サムギョプサルを扱う店一色に染まりました。

(C)TBS

次に、2010年には韓流アイドルがマッコリのCMに出演したのを機に、店側もビビッドに反応。ブームに乗って集客に走ったため、新大久保でオモニ(お母さん)の味を大事に守ってきた店も、いつしか減っていき、その中には母国へと帰ってしまった方もいるそう。

そこで、八田さんが選りすぐってオススメする本場の韓国料理と、愛すべきキャラクターが自慢のオモニたちを紹介! さらに、もう日本では食べられなくなってしまったオモニの味を求めてスタッフが韓国へ。マツコさんは伝説の新大久保料理を食べることが出来るのでしょうか?

(C)TBS

一方、800株ものランを育てているサラリーマンの清水柾孝さんが語る「ランの世界」も。清水さんは9歳で祖父と行ったラン展で衝撃を受け、自分の部屋で栽培をスタート。中学生の頃には父親に頼んで温室を建ててもらうほど、数も増えていたのだとか。また、大学生で「アジア太平洋蘭会議」でランの論文を発表。昨年、「サンシャインシティ世界のらん展」で史上最年少となる26歳で会長賞を受賞した、いわばラン界期待のホープです。

(C)TBS

ランと言えば胡蝶蘭を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、原種だけで2万5000種類もあり、それぞれが花の形や茎、葉も大きく様変わりする植物。今回は、清水さんが育てているランの中から選りすぐったものを披露しながら、その生態やチャームポイントを明かします。さらに、大会で優勝した珍しい種類や、流行、育て方も伝授! 可憐な「ランの世界」に触れてみて。

★CanCam.jp編集部厳選!気になるテレビ番組まとめ

CanCam.jp TOPへ戻る

関連記事

Source: cancam