関ジャニ∞・錦戸亮の最新コメントも!1月新ドラマ「トレース」ポスタービジュアル撮影現場リポート

関ジャニ∞・錦戸亮の最新コメントも!1月新ドラマ「トレース」ポスタービジュアル撮影現場リポート
AD

関ジャニ∞の錦戸亮さんが科捜研研究員の男を演じる、1月7日スタートの新ドラマ『トレース~科捜研の男~』(フジテレビ系・毎週月曜21時)。このほど、錦戸さん、新木優子さん、船越英一郎さん3人でポスタービジュアル撮影が行われ、錦戸さんが熱いコメントを寄せてくれました!

(C)フジテレビ

元科捜研の古賀慶さんの小説『トレース~科捜研法医研究員の追想~』を原作にした本作は、錦戸さんが演じるある陰惨な過去を持つ影のある科捜研法医研究員・真野礼二が、亡くなった被害者の想いや無念を明らかにしていく様を描きます。

今回のポスター撮影では、科捜研の研究員を演じる錦戸さんと新木さんは白衣をまとい、船越さんはたたき上げの刑事らしい少しゆるめたネクタイに革コートを羽織るというスタイルで登場。

陰惨な過去を背負いつつもさまざまな事件の解決に向け、“真実のカケラ”を探すべくこちらを見つめる真野。鋭くもどこか悲しげな目をカメラに向ける錦戸さんに、カメラマンやスタッフからも「いいですね!」「目力ハンパない!」の声が。

さらに、科学的分析をする際に使用する手袋をはめるカットを撮影し、科捜研の仕事が今まさに始まる―という象徴的なシーンに。錦戸さんは手袋のサイズを細かくチェック、さらにモニターを確認しながら指先の角度ひとつひとつにこだわり、撮影に臨んでいました。

(C)フジテレビ

一方、真野の後輩で新人の沢口ノンナを演じる新木さんは、白衣の下にオレンジ色のニットを着用、フレッシュなほほ笑みで“真実のカケラ”を真野と共に探すイメージで撮影。プロデューサーから「初々しくお願いします」とリクエストが入ると、新木さんは「どういう表情にしようかな」と悩みながらも、ばっちり期待に応えていました。

■錦戸亮さんからの最新コメントをご紹介!

――カメラマンやスタッフから「いいですね!」「目力すごい」という声が上がっていましたが、手応えは?

錦戸さん:ありがたく褒め言葉として受け止めています。どういう仕上がりになるのか楽しみですね。

――きょうはどんなイメージで臨みましたか?

錦戸さん:クランクイン前なので(主人公の)真野のセリフを実際に発しているわけではないのですが、本編を見た時に、真野のイメージとずれがないように、と思って臨みました。

――白衣を着ると、気の引き締まり方とか、気分が変わりますか?

錦戸さん:まだ今日の段階ではしっかり着こなせているか不安ですが、今後はこれを着た時に「よし今から仕事や」とスイッチを入れ替えられるよう頑張りたいと思います。

――新木さんとは初共演ですが、どんな会話を?

錦戸さん:まだ1回しかお会いできていなくて、「(月9ドラマ)連投で忙しいですね、大丈夫?」って聞きました。普通のオジサンの会話ですね(笑)

――船越さんとは共演2回目ということですが?

錦戸さん:船越さんは、“亮ちゃん”って呼んでくださって「“英ちゃん”って呼んでいいよ」って言ってくださるんですけど、やっぱりなかなか難しいので“船越さん”って呼ばせていただいています。でも、呼び方以上にもっと深い関係になれればいいなと思っています。

(C)フジテレビ

ポスタービジュアルは12月に解禁されるとのことなので、お楽しみに♪

★CanCam.jp編集部厳選!気になるテレビ番組まとめ

CanCam.jp TOPへ戻る

関連記事

Source: cancam